« フィンランドの旅【かもめ食堂編】 | トップページ | 「ゆれる」 »

2008年4月19日 (土)

「マイ・ブルーベリー・ナイツ」

My_blueberry_nights久しぶりに映画観ました。
ウォン・カーウァイの新作、
マイ・ブルーベリー・ナイツ」。
最近の作品「2046」は
私にはちょっと難しく
なんかイマイチでしたが
今回は最初から「来た~!」
って感じ。
舞台はNYでも
「恋する惑星」や「天使の涙」
に近い色合い、映像でウキウキしました。
ストーリーはウォン・カーウァイにしては判りやすかったです。
ここ最近観た(と言っても今年初鑑賞がコレなんですけど…)映画の中では
かなりのヒットです。

ところで、さっきこの「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のHPを見てみたら
「2046」ってのは、「恋する惑星」のトニーレオン(が演じた役)の
5年後を描いた映画なんだって。そんな映画だったかな…?
あんまり面白くなかった覚えがあるんだけど、もう一回観てみようかな…

|

« フィンランドの旅【かもめ食堂編】 | トップページ | 「ゆれる」 »

コメント

>なおみ
ナタリー・ポートマン、良かったよね。レオンの子役がねぇ~。
「さよなら。いつかわかること」は絶対泣きそうだから、観るのが怖い…

投稿: ロコ | 2008年4月22日 (火) 20時41分

おぉーあたしもこないだコレ観たよ!!
ナタリーポートマンって、ああゆう役もやるんだねぇ。
それぞれのお話が結構良かったよね。
泣いてしまったよ。
最後は、あー結局そうくるんだ!?って感じがした。
ウォン・カーウァイなら、もっと違った結末かなと思ったけど。

うーん映画ってほんとうにいいですね。
「さよなら。いつかわかること」今週末公開です。
ロコちゃんも好きだと思う。
わたしジョンキューザック結構好き。

投稿: なおみ | 2008年4月22日 (火) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/40927525

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」:

» 映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:My Blueberry Nights 疾走する電車とカフェ・・ブルーベリー・パイの味は、あなたに近づくための5,603マイルの旅・・恋する気持ちを旅で埋め、新たな恋に踏み出す勇気を繋ぐ旅・・・ 通りの向かいのカフェ、道路を横断すればいいだけなのに、甘酸っぱいブルーベリー・パ... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 00時44分

« フィンランドの旅【かもめ食堂編】 | トップページ | 「ゆれる」 »