« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月28日 (月)

「ゲゲゲの鬼太郎」

Kitaro_1実写版が公開されると知った時から
観たいと思っていた
ゲゲゲの鬼太郎」。
墓場の鬼太郎」というマンガを
読んでいた時期があり、ちょうど
その後に実写の話を聞いたので、
観たい度はかなり高かった。
一人で行くってのもどうだろうと思い
会社の同僚のご子息(8歳)を
「鬼太郎の映画、観に行かない?」と誘ったら「興味ない」と断られました…
でも恭子ちゃんが「鬼太郎面白かった」とか言うし、
私があまりに観たそうにしてたもので、その同僚がご子息を説得してくれて、
同僚親子と私の3人で観に行ってきました。

いやーーー、面白かったぞ。ちょっとウルッと来るシーンもあったりして。
キティちゃんでもなんでもイマドキ風にアレンジされちゃうと
「昔の方が良かった」とかたいてい思うもんだけど、
妖怪たちが夜クラブに行くシーンも全然抵抗ないし、
ネズミ男がDSで遊んでても別にOKだし、意外と現代に溶け込んでました。
最後なんて鬼太郎(ウエンツ)とネコ娘(田中麗奈)がメインで、
後ろにバックダンサー従えてマイケル・ジャクソンのスリラーばり(?)の
ダンスを披露。鬼太郎とネコ娘にそれぞれソロパートとかあってウケる。
小雪(狐の妖怪)が天女みたいな格好して、
きらきら光りながら「油揚げがほしいのです」とか真顔で言うのも笑ったなー。
しかし大泉洋のネズミ男はかなりのはまり役。
あとは西田敏行の「輪入道」が良かった。

鬼太郎占いの結果、私は鬼太郎でした。
なんか当たってる。暑苦しいって。
詳細ページには「大金には縁がない」ともあった。
「吸血鬼エリート」など、マイナーなキャラもあります。↓

妖怪はもうひとつのあなたの姿。あなたの妖怪を占おう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

Hey Ya !

たまたま見つけたのですが、すっごいかわいい!!!
再生ボタンを押してみてください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

ジャムおじさんのパン工場

4月にできたばかりの「横浜アンパンマンこどもミュージアム」。
やーてぃんちゃんはオープン初日に行って入れなかったとか。
会社から近いのでショッピングエリアだけ行ってみました。
Jam_001ジャムおじさんのパン工場」で
買ったパンたち。
1個300円也。高い…
でも見てると職人さんが
ひとつずつ顔を描いてたり
その顔が崩れないように
全部箱に入れてくれたりと
結構コストかかってるし、
お土産って考えたら安い方か。
平日なのにこのパンやだけは外まで行列。
パンが焼きあがるとお姉さんがベルを鳴らし
「アンパンマンの~ 新しい~ パンが焼けたよ~」と
大声でゆっくり言います。
そのあとに店員全員で「アンパーンチ」とかなんとか言っていました。
メニューには「愛と勇気 \ 0 」と言うのもありました。
マックの「スマイル \ 0 」のパクリかどうか知らないけど
「愛と勇気下さい」って言ったらちゃんと何かしてくれるのかも。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

「バベル」

Babel_1アカデミー賞の助演女優賞に
菊地凛子がノミネートされたことで
ずいぶん話題になった「バベル」。
でも日本での公開後、
「良い映画だった」などという噂が
全然耳に入ってこなくて、
ネットのレビューを見ると
「期待はずれ」とか「イマイチ」という
言葉がちらほら…
でも前売券買っちゃってたんで、観に行ってきました。

私としてはまあまあ面白かったなぁー。

かつては一つだった言語が、神に言語を分けられたという
キリスト教の「バベルの塔」の話。
それによって文化や思想の違ういくつかの人種が生まれた。
この映画ではアメリカ、モロッコ、メキシコ、日本が
何らかの形でつながりを持っていて、それは
世界は一つであり、つながっていることを意味しているんだと思う。
でも言葉や文化が違うことから、また同じ言葉を話すもの同士でも
様々な要因からコミュニケーション不全が発生する。
そこから混乱が起きるが、その混乱からお互いの信頼を取り戻したり
心を通い合わせることができたり、間違いを認めることができた。

ってことかな。

「言語の違い」の延長線上に、言葉が話せないろうあ者という
設定があったのかな。

アメリカとメキシコのように隣接する国でもああも違う。
車で暴走し国境を突破した男は、
酔っていたからというだけではなく
その違いに対する常日頃からのもどかしさや
苛立ちを爆発させたということなのでしょうか。

アレコレ考えさせられる映画でした。

| | コメント (6) | トラックバック (5)

2007年5月19日 (土)

日光グルメ

Curry_4日光についてすぐに食べたのが
日光金谷ホテルの有名な
「百年ライスカレー」。
金谷ホテルは歴史ある由緒正しい
ホテルなので、TシャツGパンで
出入りしてよいものか
ちょっと弱気だったけど、
駐車場に入ってすぐのところに
Gパンはいた子連れのお父さんが
いて、「なーんだ、OKじゃん」と急に強気になり、堂々と中に。
この百年ライスカレーは
”一世紀を超えて、明治の香りと百年の味を今も伝える
日光金谷ホテルの伝統の味”とあり、ビーフ、チキン、鴨から選べます。
またレトルトが販売されていて、おみやげに買いました。

中禅寺湖近辺では湖畔のレストラン「メープル」で、中禅寺湖名物のヒメマスを。
普段あまり川魚を食べる機会ってないし、川魚っていうと塩焼きのイメージですが
ここではヒメマスのスモークとムニエルを頂きました。
Himemasu

鬼怒川では日光名物の日光ゆばを。
ゆばって普通「湯葉」って書くけど、日光では「湯波」と書くそうです。
鬼怒川温泉駅近くで「ゆば御膳」を食べました。
ゆば刺し、煮ゆば、天ぷら、鮎の塩焼きなど、かなりのボリューム。
個人的にはゆば刺しよりも煮ゆばの方が好きかも。
Yuba

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

日光・鬼怒川の旅 その2

日光・鬼怒川の旅2日目は鬼怒川ライン下りでスタート。
船頭さんのトーク(おやじギャグ)に不覚にも大笑い…
結構水しぶきがかかる箇所もありました。
紅葉の時期ももちろんキレイだそうですが、
ちょうど今頃の新緑の季節も素晴らしい。
お天気もよく、とてもさわやかですがすがしい、春らしい眺め。
ところどころで藤の花が咲いていました。
Line_1

船頭さんに薦められ、午後は「龍王峡」へ。鬼怒川の上流の方です。

マイナスイオン出まくり。

ハイキングコースになっていてかなりの距離を歩けるようになっていますが

アップダウンがきつくてすぐにバテてしまい、全部は歩けなかった…
Ryuokyo_1
鬼怒川温泉駅前で足湯にもつかりました。
初足湯体験。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

日光・鬼怒川の旅

5月13、14日と日光・鬼怒川へ行ってきました。
日光へは小学校の修学旅行の時以来。

秋になると中禅寺湖周辺の紅葉スポットが
テレビでも取り上げられていて
「また行ってみたいな」と思っていた場所です。
小学生の時は行きたくて行ってるわけじゃないし、
興味も全くなかった土地だけど
不思議なものでこの年になって「行ってみたい」と思うように。

それで20数年ぶりに行ったわけですが、何もかもが思っていたより小さい。
東照宮も華厳の滝も男体山も。
やっぱり小学生の目線では大きく感じたものも、
今見ると小さく見えるものなんだなぁ。

Futarasan多分修学旅行のときは
東照宮にしか行ってないんだけど、
今回は東照宮の他に、
二社一寺のひとつである
二荒山神社にもお参り。
縁結びの神様らしいです。
後ろは山、境内にも緑が多く、
心鎮まり、大きな力を感じる所です。
二荒霊水という湧き水があって、
「眼病に効く、知恵がつく、若返る」と言われているそうです。
もちろん飲んできた。若返りますように…
その後、東照宮へもお参りしました。

Saru_2
そしていろは坂経由で中禅寺湖方面へ。
いろは坂ではサルに遭遇。
華厳の滝、竜頭の滝を見学したり中禅寺湖畔を散歩しました。

Chuzenjiko_3


夜は鬼怒川温泉の、鬼怒川パークホテルに宿泊。
冷たい風が吹く中、一人で露天風呂に入りました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年5月12日 (土)

手のりたま

Noritama妹にもらいました。
丸美屋創業80周年記念バージョンだって。
中にふりかけ入ってます。
会社にお弁当を持っていく日があるので
その時に一緒に持って行きます♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

ひつまぶし

Unagi_1ヨドバシ横浜8階のレストランフロア
にあるうなぎ屋さん「うな匠」で
ひつまぶしを食して参りました。
女子4人でガッツリと。
子供の頃はうなぎが好きじゃなく
食べる機会が少なかったけど
大人になって名古屋でひつまぶしを
食べてから、一気にうなぎ好きに。
当時は都内や横浜でひつまぶしを
食べられる店などなかったのですが(知らなかっただけかも)
今や好きな時にひつまぶしが食べられる環境に。
って、行ったの初めてだけど。
ひつまぶし、ほんとにうまい…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

湘南黒カレー

先日行ったあるお店で紹介されていて知ったのですが
ハマカレー」というプロジェクトがあるらしく、
なんと名誉顧問が横浜市の中田市長…(もっと他にやることあるだろうに)。
「横浜をカレーでまちおこし」ってことらしいのですが
今さらまちおこしが必要な都市なのでしょうか、横浜は…
で、そのハマカレーに認定されているお店「紅 KOU2003」。
「湘南黒カレーの店」だけどお店はセンター北にあります。
お店のつくりは湘南風というか、ハワイ風かな?
やっぱりあれかしら、珊瑚礁系なのかしら?
「鎌倉の名店の流れを汲む」と何かで見ました。
「湘南カレー」ってのは基本的に「欧風カレー」らしい。
カレーの世界も奥が深すぎてさっぱりわからん。

Kou_000_2店内がハワイっぽいので
ハワイ=海=魚介類と
なんとも単純な発想で
魚介のサラダを注文。
そしたらすごい立派な
貝殻が運ばれてきた。
まぐろやほたて、たこや
貝柱などがたっぷり。
大満足♪

カレーは本当に黒かった。
でもすごくマイルドな味で
レタスがちょこんと乗ってる
のを見ると、やはり
珊瑚礁系か。
味も似てる気がします。
珊瑚礁カレーも大好きなので
このカレーも好きな味。
辛さの調節もしてくれるようですが、あんまり辛すぎるカレーは好きじゃないので、
調節なしでちょうど良かった。
「豚とろカレー」は豚肉がスプーンで切れるほど柔らかかったです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »