« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月28日 (水)

いちごのモンブラン

Meme_2センター南のケーキ屋さん、
パティスリー・メメ」のケーキを
頂きました。
この時期はいちごのケーキが
いっぱいあってうれしいな♪
←いちごのモンブラン。
普通の栗のモンブランの栗の
部分が全部いちご。
中にもいちごが3つも入ってた。
ここのショートケーキは、
スポンジも真っ白。白にいちごの赤が映えます。

日曜日もいちごのケーキ食べたな。
月曜日も飲み屋のお兄さんにケーキ頂いちゃった。
それもいちごだったな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月25日 (日)

パンダのマトリョーシカ

Panda_1今日は友達と中華街の菜香
ランチをしました。
点心いっぱい食べました。満足。
そのあとお土産さんで友達が買った
パンダのマトリョーシカ…
うーーーん、かわいい…
前に雑誌にも載っていて
心惹かれてたんだけど
「あんな狭い部屋のどこに飾るんだ?」
と自分に言い聞かせ、購入は我慢。
中華街のお土産やさんって
滅多に行かないけど、たまに行くと
面白いものがいっぱいありますね。
欲しいかどうかは別として、
ばかばかしくて面白いものがたくさん。
ちょっと心温まるものもアリ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

「バブルへGO!」

Bubble鑑賞券が安く手に入ったので
観て来ました、「バブルへGO!」。
バブルの頃は中学~高校生だった私。
バブルにはまったく無縁だった。
うちはおこづかいも少なかったし
何の恩恵も受けてない。
そんな私でも一応「こういう人いたいた」とか
「こういうの流行ってた」と分かって
思わず笑いました。ワンレンボディコンとか、とさかヘアとか。
MCハマーがかかった時はちょっとうれしかったな。
札束見せてタクシー停めたり、学生がタクシーチケットを束で持ってたり
あぁーー、びっくり。
でももっとああいうバブルな現象とか
流行っていたものとか、これでもかって位に見たかったかなー。
もっと大笑いを期待していました。

バブルを実際に知るお姉さんから聞いたバブル期の話。

①ある男はバーに「ココ行きつけなんだ」と女の子を連れて行って、
「マスター、いつもの2つ」とエラそうに注文。
そして出てきたのがパイナップルの刺さったブルーハワイ。

②「オレ、イタリア製しか着ないんだよね~」と言う男が来ていた洋服が
全部ベネトン。

こういう勘違いな人もいっぱいいたらしく、
お笑い番組なんか見なくても、笑いにも困らなかったらしい。
あーーー、一度で良いからバブル体験したい!と
違った意味で思うのでした。
もちろん「お前に会社持たせてやるよ」と彼氏から会社をプレゼントされたとかいう
ものすごい話も聞きましたけどね。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2007年2月19日 (月)

Collaborations/JILL SCOTT

CD、久々に買いました。
JILL SCOTTが色んなアーティストと今までコラボレーションしてきた楽曲を
ひとつにまとめたもの。
というわけで新曲はないんですが、知ってる曲はほとんどなく
私にとってはまったくの新譜みたいなものでした。
Jill_1



Collaborations
  /JILL SCOTT

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年2月17日 (土)

馬さんの店 龍仙

今年は明日が旧正月なんですってね。
どうりでちょっと混んでたわ、中華街。
でも「馬さんの店 龍仙」にはタイミングよく、待たずに入れました。
お粥といえば中華街では「謝甜記」が有名ですが
いつも行列ができていて、入ったことありません…
龍仙もお粥が有名で、また朝7時から営業していて
朝粥が食べられるっていうのがウリのお店です。
おかゆの中での人気No.1 ”龍仙粥” と、その他のメニューの中で
人気NO.1の ”豚肉のニンニク醤油ソースがけ” を注文。
あと、”豆苗(空豆の芽炒め)” ってのを食べました。
空芯菜はよく見るけど、空豆の芽って初めてだ。
と、思ったら、なんとうちの冷蔵庫に ”豆苗”が入ってる…
今日、親が買ってきたらしい。
そのまま食べてもおいしいし、お粥に乗っけて食べても美味しかった。
Ma3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「それでもボクはやってない」

Boku_1観に行ってきました。
日本の裁判制度の問題点が
私なんかにでもよく分かりました。
しかし警察も裁判官も検事もすごい。
まさにお役所仕事。
税金ってなんなんだろう…
もちろん最近あった事件のように
素晴らしい警官の方もいらっしゃるけど。

裁判って、今の自分には身近なものではないけど
お金や時間をかけ、精神的苦痛を伴っても、99%は有罪に終わるんだって。
じゃあ警察の「やったと言えば、保釈金払ってすぐに出れるんだぞ!」
という脅し文句も親切ってわけじゃん。
しかし警察って、いろんなドラマや映画で「吐け、吐けばラクになるんだ!」と
怒鳴ったり「なんとしても吐かせてやる…」と遠くを眺めつぶやくシーンが
描かれていますが、これだけそういうシーンがあるってことは
本当にそういうもんなんでしょうかね?

仕事をしていると、立場とかしがらみとかいろいろあって
自分の身を守るためには嘘をついたり、見て見ぬフリもしたりして、
でもそれはお互い様だったりするから
「まあしょうがないか」とあきらめたり、
苛立つ気持ちもなんとかおさめようとしたりするんですが、
監督が日本の裁判のあり方の現状を知り、黙っていられず
映画を通して問題提起しようとした気持ちがよく分かります。

| | コメント (7) | トラックバック (4)

2007年2月 6日 (火)

大室山・城ヶ崎みはらしガーデン

伊東の旅、2日目。

Ohmuroyama_2 大室山は伊豆高原のシンボル的な
山だそうです。
「日本昔ばなし」に出てきそうな丸っこい形。
山肌はすべて草で覆われています。
今の季節は茶色いけど、
←春や夏はキレイな緑色になるらしい。
標高580mの小さな山で、
頂上まではリフトで上れます。
超久々にリフトなんか乗ってウキウキしました。
火山だそうで、てっぺんには大きな噴火口があり、
すり鉢状に穴があいています。
すり鉢の口の部分がなんとハイキングコースになっていて
360度、景色が楽しめます。
天気がいいと三浦半島まで見えるそうですが、
この日は伊豆大島しか見えませんでした。富士山は見えました。
すり鉢の底の部分ではなぜかアーチェリーができるようになっています…
なんでアーチェリー??
素晴らしい眺めはさることながら、リフトにしても頂上のハイキングコースにしても
普通の山とは一味違っていて、すごく新鮮でした。

その後はお昼ごはんにお寿司を食べて、
伊豆海洋公園内の「城ヶ崎みはらしガーデン」に行きました。
ここでは寒桜が満開で、一足先にお花見を楽しんできました。
菜の花もキレイだったな。あとアロエが超でかい!!
Dscf0239

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

伊東温泉

2日、3日と、レジャー施設関係の仕事をしているお友達がホテルを予約してくれ、
伊東に行ってきました。

070203_12170001お昼ごろ伊東に到着し、道路沿いの看板に惹かれ
怪しい少年少女博物館」に行ってみた。
←この看板を見たら行くでしょう。
HPによると「レトロでちょっと不思議」
がテーマらしい。
本当に怪しかった。
なんで「少年少女」なのかはイマイチ
分からなかったけど、
なんとなくココを作った人の言いたいことや
趣味は分かる感じ…。
すっごい悪趣味なものとか下品なものもあり、
たまに鳥肌が立ったりします。
Dscf0175子供に「これなあに?」と聞かれると
返答に困るようなものも多いので、
家族連れには不向きかと…。
←おみくじ自販機で買ったおみくじを
結び付けられてるマネキン。
別棟で「夜の小学校」ってのもあり、お化け屋敷っぽくなっているのですが、
花やしきの「見世物小屋」と
ちょっと似た空気…。

「伊豆高原」というさわやかな名前の地にふさわしいのでしょうか?
まあいいけど。

どうして観光地って「○○館」が多いんだろう?
「メルヘン館」とかってどのようにメルヘンなのか。
すごく気になるけど、意外と入場料が高くとられるところが多いし、
「あーー、がっかり」っていう確率が高そうで勇気もなく、全部見切れない。
ちなみに「怪しい少年少女博物館」は入場料1000円も取られました。
笑わせてもらったけど、やっぱり高い。

複雑な心境のまま「ぼら納屋」でお刺身を食べた後、
1_2城ヶ崎ピクニカルコース」を
「門脇つり橋( 門脇灯台近く)」
まで行ってみました。
自然を生かしたアップダウンの激しい道で、
階段の段の大きさも
めちゃくちゃだし、
大人でも(っていうか私には)
結構怖いんですが、
家族連れも多かったです。
これで「初心者向けの
ハイキングコース」とか書いてあったけど、
上級者って一体どんなとこ歩いてんだ?
ピクニカルコースは歩いて1時間~1時間半ほどだそうですが
つり橋で引き返してぼら納屋まで戻り、その後ホテルに向かいました。

15時過ぎにホテルについて、その後は伊東駅近辺を散策しました。
ホテルの目の前が温泉情緒のある「松川遊歩道」で、まっすぐ海のほうに歩き
なぎさ公園」まで行きました。
伊東駅前の商店街でお土産やさんを見たりコーヒー飲んだりして、
17時半にはホテルに戻って18時から夕食。
バイキング形式で刺身、お寿司、天ぷら、そしてデザートまでもりもり食べました。

その後、温泉にゆっくりつかりました。露天風呂が気持ち良かった。
21
時には部屋に戻ってテレビ見たりして、ボーーーっとしてました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »