« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月29日 (水)

くじら軒

Kujiraken_1今日はマユミ姉さんと一緒に上大岡の
「くじら軒」でラーメン食べました。
本店はセンター北あたりにあって
常にすごい行列らしいのですが
上大岡店は比較的空いているとの情報。
行ってみたら時間が早かったのもあるけど
待たずに入れました。
カップラーメンがコンビニで売られてるけど
それも食べたことないので、
まったくの初くじら軒。
「支那そば」を二人とも注文して
「くじら飯」というパーコーの乗ったご飯を
ひとつ頼んで半分こしました。
麺も細麺で私好みだし、
魚や昆布の味がしっかり出てるスープも
おいしかった~。
スープだけ飲むとややしょっぱいんだけど
ラーメンとして総合的にとっても好みの味で旨かったです。
くじら飯も◎。ご飯の上にしなちくが乗っていてその上がパーコーです。
パーコーが器からはみ出てます。

Dennysその後は上大岡のイトーヨーカドー内の
デニーズでコーヒー飲みました。
ここはデニーズの日本における1号店
なんだそうです。
以前ヨコハマウォーカーの上大岡特集に
「1号店だ」と載っていたので
なんとなく行ってみました。
メニューとか内装は普通のデニーズ
なんですが、外のロゴがちょっとレトロ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

ヨコハマメリー

Mary_1 4月ごろに伊勢佐木町の
横浜ニューテアトルで上映されて
大評判だった映画「ヨコハマメリー」。
一度映画館まで足を運んだけれど、
当日券がすべて完売で
見れずじまいだったのですが、
再上映となったので見てきました。
伊勢佐木に10年ほど前までいた、
ホームレスのおばあちゃん娼婦の
ドキュメンタリー映画です。
ドキュメンタリーと言っても
本人を追いかけているのではなく、
メリーさんを知る人のインタビューで
構成されています。

メリーさんのことは今年に入ってから
たまたまネットで知りました。
なので、この映画の公開は非常にタイムリーでした。
1995年ごろまで伊勢佐木にいらしたようですが、
その4年ほど前に私は横浜に移り住み、都内の大学へ通っていたし
あまり横浜のことには明るくなく、当然メリーさんのことも知りませんでした。

本人が多くを語っていない為に謎が多いままですが
生まれ故郷に親族もいたわけなのに、
なぜあの年まであの格好であのような生活をしていたのだろう?
もちろん彼女の良き理解者もいたようですが、
きっと人々に白い目で見られ、罵声を浴びせられたりも
していたことでしょう。
行きつけの美容院への出入りを断られたとき、
どんな気持ちだったんだろう?
そんなことがあってもあの場を動かなかったのはなんでなんだろう?
戦後、横浜の港で知り合った米軍の将校に恋をして、
その人のことが忘れられず、いつまでも横浜を離れられないのでは、との
見方もありましたが、でもあんな化粧や衣装はどうして必要だったんだろう?

最後は生まれ故郷の養老院に入るのですが、
そこで見せたメリーさんの素顔が忘れられません。
普通のおばあちゃんなのです。
あんな優しい顔で小さな体で突っ張っていたのはなぜなんだろう?
きっと言いたいこともたくさんあっただろうに…。
「戦争で兵隊にいった人は本当に強くて絶対に弱音を吐かない」と
うちの祖父が亡くなった時に誰もが言いましたが
メリーさんも祖父と同じ世代。
兵隊には行ってなくても戦後を身一つで生き抜き
本当に強くて弱音を吐かないのは同じ。
その強さがかえって悲しい。
とても切なくなり、涙があふれそうになりました。

ご本人を是非一度ナマで見たかった。
昨年亡くなられたそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2006年11月22日 (水)

四国グルメ~さぬきうどん編

そりゃーやっぱりうどんでしょう。
映画「UDON」で見たような個性的なうどん屋さんに是非行きたい!と
事前に色々調べたけど、閉店時間が早い。
13時とか14時とかは当たり前。しかも「麺がなくなり次第閉店」とある。
せっかくあちこち行っても閉店してたら困るし、
観光地もまわらなきゃならないし、となると
やっぱり普通に18時とかまでやってるようなそこそこ規模の大きい
うどん屋さんが無難かと思い、そのようなところへ行きました。
しかも観光の都合により、琴平町とまんのう町がメインです。

①小縣家
Photo_20 「元祖しょうゆうどんの店」だそうです。
席に付くと大根1本とおろしがねがテーブルに運ばれ、
ひたすら大根おろします。
1本まるまるおろす人もいないだろうに、なぜ1本なんだろう。
4分の1とかで十分です。
出てきた麺はつやつやしていました。
大根おろしとゴマ、ネギを乗せ、すだちを絞り、しょうゆをかけます。
ものすごいコシです。歯ごたえ大あり。

②ローソンまんのう町買田店
Photo_21さすがです。ローソンでもうどんが食べられます。
でも多分ここだけです。香川にはローソンがたくさんあったけど
「さぬきうどん」ののぼりが出てたのはこの店だけ。
うどんの食べ歩きのHPやブログを作ってる方々も
ここへ食べに行ってるみたいです。
ちゃんとカウンターがあって、座って食べられます。
「かけ」と「ぶっかけ」を注文しました。ぶっかけの方が味が濃いそうです。

③おがわうどん
Photo_22ここは「細切うどん」が名物のようです。
「細切ざるうどん」と「細切釜あげうどん」を食べたけど
ざるうどんのほうがコシがあっておいしかったな。
おトイレを借りたのですが、お店の中にあるドアを開けると普通の民家です。
お店のご主人のご自宅なのでしょうか?
そのお家のトイレをお借りしました…。地方ならでは、って感じがしました。

④さぬき麺業 空港店
Photo_23最後のうどんは高松空港内の「さぬき麺業」で。
お店ののぼりには「手打免許 さぬき麺業」とあります。
ここでは「生醤油」と「かけ」を注文しました。
さぬきうどんには普通のだしよりもしょうゆが合う気がします。

もっともっと何店舗も回りたかったけど、おなかもさすがにいっぱいだし
時間にも制限があるため、この4店舗でいっぱいいっぱいでした。
もし今度行けることがあれば、セルフのうどん屋さんにも行ってみたいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

四国グルメ~香川編

Photo_182日目の夜は香川・高松市内の
まいまい亭」にて。
八十八ヶ所巡りのお遍路さんに出した
接待用のお料理や、
このあたりの漁師が食べていたという
お料理が食べられます。
「いかにも料理人」って雰囲気の
讃岐料理研究家であるご主人と、
多分奥様(上品)のお二人で
切り盛りされているようでした。
メニューらしきものは出されず、
奥様から口頭でコースの説明があり
コースしかないのかと思って
コースを頼んでしまいましたが
どうやら単品メニューもあるようです…
でもまあコースだと代表的なお料理は
全部ちょっとずつ食べれるし
初めての人には良いと思います。
香川県は日本で初めてオリーブを
栽培した土地らしく、
もともとわさびの無い土地だったため
お刺身はもろみやオリーブオイルで
食べていたそうです。
最後のあなご飯は細かく切ったあなごが
まぶしてあり、ご飯に味がしみて
とても美味しかった。味噌汁ではなく、もろみ汁というのが出ました。

3日目は、「北浜alley」内のカフェ「Umie」で朝ごはん。
「北浜alley」は昭和初期に作られた穀物倉庫を改装してできた商業施設。
カフェやギャラリーなどが入っています。目の前が高松港。
広い店内には本や雑誌がたくさんおいてあり、またCDも多数置いてありました。
時間がある時はいくらでもいられそう。
Umie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国グルメ~徳島編

四国旅行初日の夜は、徳島駅からすぐの郷土料理「けんど茶屋」へ。
外観も店内も非常に庶民的で入りやすいお店ですが、
ここのおばちゃん、まったく愛想ありません。
店に入っても誰も出てこないので、大きい声で「こんばんはー」って言ったら
無言でおばちゃんが出てきた…
商売っ気ゼロ。まあそれも味ってことで。
Photo_14鳴門わかめ、すだち、ゆずみそを使ったお料理や、鳴門の渦潮で揉まれて
身の締まった魚の刺身、そば米雑炊などをいただきました。
そば米雑炊、おいしかったな。
写真、下の左が「阿波踊りセット」1500円くらい、
右が「阿波の集いセット」で3200円くらいだったかな。

2日目のお昼は「中華そば いのたに」にて徳島ラーメン。
Photo_15多分今はないんだけど、新横浜のラーメン博物館にも出店していたらしく
徳島ラーメンの火付け役と言われているお店だそうです。
珍しいのは豚バラ肉が乗っているところ。ヨード卵をトッピングしました。
ちょっと豚バラ肉の味が濃い気がしたんだけど、麺は細麺で私好み。
スープは色の割にはさっぱりしていました。

Photo_17かずら橋近辺では「でこまわし」を食べました。
じゃがいも、こんにゃく、豆腐をくしに刺した田楽。
あつあつで、味噌好きの私には
たまらない一品でした。
←このように囲炉裏で焼いてます。
一緒にあゆなどの魚も焼いてました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

香川県~こんぴらさん

いよいよ最終日。
3日目は「こんぴらさん」の呼び名で知られる金刀比羅宮へ。
御本宮までは785段も階段を上らなければなりません…
普段から運動不足で体力もない私ですが、途中で休憩しながら
なんとか上りきり、御本宮でお参りすることができました。
朝は曇っていた空も、御本宮についた頃には晴れ渡り、
素晴らしい眺めでした。
Photo_13せっかく上まで上がったので、ちゃんとお守りも買ってきました。
これは「うこん」で染色してあるんだそうです。
今年は本厄、来年は後厄ですが、良い厄払いができた気がしました。

その後は映画「UDON」のセットが残ってるというので、
丸亀市まで見に行ってきました。
映画を見て、舞台となる製麺所近辺の風景に感動したので
是非ナマで見たいと思って。
製麺所の前は大きなため池なのですが、残念ながらこの日は
水がほとんどありませんでした。
映画ではキラキラ光る水面が印象的だったのにな。
でもやっぱり素朴でよい風景です。
Udon_3

| | コメント (1) | トラックバック (0)

徳島県~大歩危・かずら橋

四国2日目は徳島県の大歩危(おおぼけ)峡へ。
Photo_9 徳島駅近辺から車で2時間弱くらいで到着。
途中雨が降り心配しましたが、着いた頃には雨もやんでいました。
ごつごつした岩が続く渓谷を観光遊覧船で見学。
木々も紅葉し始めていました。風が気持ちよかった~。

Photo_12その後「祖谷(いや)のかずら橋」へ。
日本三大奇橋の一つらしいです。
全長45m、水面からの高さ14mの
つり橋です。
下は丸見えでスリル満点。
こういうところへ行くと、必ず
わざと揺らしてキャッキャと喜ぶ
はた迷惑な人がいますが
この日ももちろんそういうオバさんがいました。
「落ちないだろう」と思ってはいてもやっぱり怖くて、
手すりにつかまりながらゆっくり進んでいた私の横を
すごい速さで軽やかに通り過ぎるオジさん…
あの人は鳶か忍者か…
渡るだけで500円も払ったんだから、もうちょっと満喫しようよ…。

その後は「ホテルかずら橋」の露天風呂であったまり、香川の高松へ向かいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

四国へ行ってまいりました

この度、四国初上陸を果たしました。
11/18~20、2泊3日で香川、徳島の旅。
3日間とも天気は雨の予報でしたが、観光中は良い具合に雨が止んで
予定通り回る事ができました。

高松空港からレンタカーで、うずしおで有名な鳴門海峡(徳島)へ向かいました。
事前に予約していたうずしお観潮船でうずしお見物。
途中かなり船が揺れ、その割にはうずしおが全然発生していなかったけど
その後しばらくしてから一応うずしおを見ることができました。
Photo_7「水中観潮船」に乗ったんだけど、水中を見ててもなんのこっちゃわからないので
やっぱり上から見ないとダメ。普通の観潮船で十分だと思います。

その後は徳島駅近辺へ向かい、夕食の後は「阿波踊り会館」へ。
昼と夜にそれぞれ1時間程度の阿波踊りの実演があります。
せっかく阿波踊りの本場へ来たので行ってみました。
この日は藝茶楽という団体の演舞がありました。
お客さんも一緒に踊る時間も設けてあって、
見に来ていたおじさん・おばさん達も参加してました。
Photo_6

その後は川沿いの「新町ボードウォーク」や「新町川水際公園」を散歩しながら
ホテルに戻りました。
写真がないんだけど、この公園はとてもステキでしたよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

納豆カレー

061117_12200001_1今日のランチはCoCo壱番屋のカレー。
前から勧められていた「納豆カレー」。
勇気を出してやっと食べました!

正式には「ハーフポークカレー」に
納豆をトッピングして食べました。
普通に「納豆カレー」っていうのもあるけど
普通サイズだとご飯が300gもあって
ちょっとしんどいのです。
で、「ハーフ納豆カレー」って言うメニューはないので
「ハーフポークカレー」に納豆トッピングで。

で、うまかったです。すごいうまいってこともないけど
普通に納豆の味もするしカレーの味もして意外とマッチしてます。
「へぇーーっ」って感じ。
納豆好きな人は一度試してみる価値ありです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

うちの子

Pict1401_2毎日、何考えてんだろ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

フィリピン・フィエスタ

Phil日比谷公園で開催されていた
フィリピン・フィエスタ」ってのに
行ってみました。
フィリピンには2年半ほど前に
半年間だけ住んだ事があります。
その時にショッピングモールなどで
よく見た商品広告のポスターなども
貼られていて、懐かしかった~。
また、フィリピンで住んでいた
ビレッジ内で行われていた
サタデーマーケットとかバザーと
似ていて、思い出しました。
この日は雨で身動きが取りにくく
あまりゆっくり見れなかったけど
フィリピン料理をいくつか食べました。
←太目の春雨みたいなものに
甘いソースがかかったもの。
なんて名前だっけ、これ。

←これは揚げたバナナ。
フィリピンではメジャーなおやつ。
味はさつまいもっぽくて
意外とおいしくイケます。

あと写真はないけどBBQも食べました。

←パンデサル(パン)に豚肉のアドボ
(お酢の効いた煮込み)が
はさまれたサンドウィッチ。
飯田橋に「トラベルカフェ・フィリピン
ってのがあって、そこのコーナーで
買ったものです。
フィリピン政府とのコラボレーションでできたカフェらしいです。
セブ島などのリゾート地が紹介されてるのかな。
フィリピン料理も食べれるらしいので、今度行ってみようっと。

ステージでは歌や踊りのショーが催されていました。
フィリピン人は歌も踊りもうまいんだけど、衣装が安っぽかったり
ちょっとおかしかったりで、全体的に安っぽい印象のショー…
でもそこがまた良いのです。
間違っても平気で笑ってごまかすあの感じ。
フィリピンでお世話になったメイドちゃんとか店の店員とかを思い出しました。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

「サンキュー・スモーキング」

Smoking_1日比谷シャンテ・シネにて
サンキュー・スモーキング」を観ました。
「しゃべり」を得意とする主人公の仕事は
「タバコ研究アカデミーのPRマン」。
禁煙が叫ばれ、「喫煙は悪」とされる中、
タバコの売上げのために
得意の話術で敵を丸め込んでいきます。
「理屈っぽい」とか「人のあげ足を取る」
とかいう言い方もできますが、
間違いなく頭の回転は良くて
次から次へとすごいセリフが吐かれます。
何を言われようと相手を打ち負かし、見てるほうもスッキリ。

そんな彼も女性の誘惑には勝てず、一時はどん底まで落ちたりしますが、
「自分には”しゃべり”がある」という自信によって再起します。
自分は何が得意かっていう自己分析がちゃんとできていて
そしてそれを仕事にできる自信があるのがうらやましい。
しかも自分の息子に憧れられちゃうなんて素晴らしいじゃないですか。
テンポの良い会話が飛び交い、笑えるシーンも多かったけど
意外と「親子愛」が軸になっていたような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年11月 5日 (日)

港北ニュータウンの緑道散歩

横浜の新興住宅地・港北ニュータウン(都筑区)には、たくさんの緑や
公園があります。
公園と公園が緑道でつながっていて、散歩コースになっています。
今回は「南ルート」を散歩しました。

Nt1横浜市営地下鉄「センター南」駅下車。
港北東急SCでランチをして、
センター南駅の有隣堂で売ってる
都筑緑道マップ(300円)」片手に
都筑中央公園」からスタート。
この公園はとにかく広い。
園内に神社もあります。
起伏が激しく、階段を上ったり下がったり
の繰り返し。はぁ、疲れました。
何通りものコースがあるので、何度行っても毎回新しい発見がありそうです。
奥の方には竹林もあり、とても静かです。京都か、鎌倉か、と言った雰囲気…
この公園にはタヌキ、野うさぎ、キジなどがいるそうですが
この日はヘビを見ました…。ガサガサっと音がして驚いて飛び上がりました…

Nt2この公園を出て「ささぶねのみち」という
緑道を歩きます。
本当に素晴らしいところです。
水のせせらぎに心が洗われます。
将来、こういうところに住めたらな、と
心から思いました。
でもこの辺、高級住宅街ですので
お家賃高そうです…
すごい邸宅がいっぱいあったわ…

鴨池公園」「葛ヶ谷公園
大原みねみち公園」「茅ヶ崎公園」を
この「ささぶねのみち」が繋いでいます。

鴨池公園にはその名のとおり、
カモがいる池があるのですが
この日は残念ながらカモは一羽も
いませんでした…
2つのゾーンが橋でつながった
長細い公園です。

葛が谷公園はスポーツ施設が充実。
小さな山もあって、また
階段を上ったり下りたり。

大原みねみち公園は川や橋がある
ちょっと大きな緑道って感じで、
その先の茅ヶ崎公園はプールもあります。

Bad_assここまで、公園や緑道内に
飲料の自販機もなく
ペットボトルのお茶一本で
歩いてきましたが
茅ヶ崎公園近くの通りにやっとカフェを
発見。
ハワイのコナコーヒーのお店
BAD ASS COFFEE」です。
日本ではまだここにしかないみたい。
何種類もある甘いフレーバーコーヒーを飲み、疲れを取りました。

茅ヶ崎公園から先(仲町台寄り)は「せきれいのみち」という緑道になります。
もう仲町台駅です。
せきれいのみちの先には「せせらぎ公園」。
せせらぎ公園内の池はスイレンの葉がいっぱい浮いていました。
ここへ着いたのは17時過ぎ。すっかり日も落ちてしまっていましたが
今度はぜひ明るい時間に来てみたい!!!
6月ごろがスイレンの花の見ごろとのことです。

夕食はせきれいのみち沿いにあるステキなハワイアンレストラン
H1 CAFE」で食べました。
お店はもうクリスマスのデコレーションがされていました。
この日はなかったけど、時々フラやウクレレのショーがあるそうです。
H11_1たくさんの公園や、緑道、仲町台駅付近のステキなお店 が
すっかり気に入ってしまいました。
季節ごとに、違った表情が見られそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

九州料理「たもいやんせ」

Tamoiyanse_1渋谷にある九州料理の店
たもいやんせ」へ。
宮崎綾地鶏のつくね鍋や
宮崎名物「冷や汁」を頂きました。
もちろんおいしい焼酎も。

詳しくはこちら
⇒「世界各国料理ツアー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »