« 東京ディズニーリゾート | トップページ | 九州料理「たもいやんせ」 »

2006年10月29日 (日)

「フラガール」

以前、みなとみらい地区で「ハワイイ・フェスティバル」っていうのをやっていた時に
映画「フラガール」の宣伝も兼ねたトークショーがあり、
蒼井優と南海キャンディーズのしずちゃんを見ました。
そんなこともあってなんとなくこの映画にも興味があったのですが、
たまたま割引券を入手したので(笑)観にいってきました。

Photo_43箇所ほど泣いたかな。
他にも泣いてる人、たくさんいました。
蒼井優をナマで見たとき、
テレビで見るより何倍もかわいくて、
それ以来どうも蒼井優びいきに
なっているのですが、
今回のフラガールでも
笑顔で踊る蒼井優はかわいかった♪
なんでしょうね、顔のつくりそのものは
美人でもかわいくもないと思うけど、
やっぱり雰囲気でしょうか。
細くて華奢な感じとか。
今回は東北の炭鉱の娘役なので、せりふが全部なまってるんだけど
それがまたなんとも彼女にマッチしてるんだな。

最後のフラダンスのシーンは迫力あって良かった。
ちょっとフラダンスやってみたくなります。

映画の後はレストラン「TIKI TIKI」でナマのフラダンスを見てきました。
こちらも違った意味でド迫力だった…


|

« 東京ディズニーリゾート | トップページ | 九州料理「たもいやんせ」 »

コメント

>○ちゃん
ほんと、今度是非ランチ誘ってね♪
私もなけなしのお金をつぎ込んでも良いくらいの
趣味とか欲しいよ。うらやましいな…

投稿: ロコ | 2006年11月 3日 (金) 23時37分

ロコ、最近会わないね~。今度ランチしましょうね。フラガール、私の周りにもいるので親近感。彼女も 一人暮らしなのに なけなしのお小遣いをハタいて フラを続けているんだよ。

投稿: ○ちゃん | 2006年11月 3日 (金) 15時11分

>ごつさん
行くんですね!?
私の知人は十何回もハワイアンズに行っているのに
フラのショーを見たことがないそうです。
TIKITIKIは、日曜日はステージのショーではなく
客席でダンサーが二人踊ってるだけでした。
ステージのほうがいいですね。

>ユリシスさん
松雪はとにかく細い!!っていうのが印象的でした。
あのカモシカのような細い足…

メキシカン、面白いですよ。
お料理もおいしいです。
ぜひ一度いってみてください。

投稿: ロコ | 2006年11月 1日 (水) 22時29分

フラガール見たあとにTIKITIKIに行くとは豪華二本立てですねー(笑)
私はTIKITIKIのダンスを見てスパリゾートハワイアンズに行く決心をしました。
やはり映画の迫力をこの目で見てみたくなりました。

投稿: ごつ | 2006年11月 1日 (水) 01時40分

ロコさんTBありがとうございます。
蒼井優ちゃんよかったですよね~~
松雪をくっていたかもしれません。ダンスシーンも多かったし。あの、フラをうもらせてしまうのはもったいない。って言ってドクターコトーで踊ってもらうわけにもいかず・・・(笑)ナマで優ちゃんみたなんて、いいなあ~~
ところで、話は変りますが、昨日、恵比寿に行きました。ロコさんがお誕生日で盛り上がっていたメキシカンらしい店ありました~~!!楽しそうですよね~~なんかなんでしたっけ?たーん。って机にたたきつけのんで頭をシェイクされる酒は・・

投稿: ユリシス | 2006年10月31日 (火) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/12491797

この記事へのトラックバック一覧です: 「フラガール」:

» フラガール/松雪泰子、豊川悦司、蒼井優 [カノンな日々]
南海キャンディーズのしずちゃんが一人で踊っていた劇場予告編はかなり以前から見せられていたので、全容が掴めないものの何だか気になる作品だったわけですが、公開が目前にして宣伝量も一気にアップしていくに従って前評判おグングンと高まっていきましたね。いつの間にか....... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 22時58分

» 『フラガール』 [京の昼寝〜♪]
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。 ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一徳、高橋克美□オフィシャルサイト  『フラガール』 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せなが... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 23時14分

» 「フラガール」 [てんびんthe LIFE]
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛くてもの悲しいイメージがあるんでしょう。相変わらず色調は暗いし、炭鉱の町をイメージするとこうなっちゃうのでしょうか。ストーリーはスポ根ともいえるド素人が短期間でプロのダンサーとして成長していく話。でも実際に炭鉱が閉鎖されるということは職がなくなり相当なハング... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 14時49分

» フラガール [まぁず、なにやってんだか]
公開一週間でとても評判がいいようなので、「フラガール」を観に行ってきました。 評判どおり、とてもいい映画で、見終わったあとの満足感もあり、あたたかい気持ちになれて、泣けて笑えて大満足でした。 出演者の啖呵のかっこいいこと。平山まどか(松雪泰子)のぶちきれた時の啖呵、常磐ハワイアンセンターの吉本部長(岸部一徳)の方言で意味がわからないけど立て板に水のような啖呵、紀美子の母(富司純子)の頼りがいのある啖呵、紀美子(蒼井優)のかわいい啖呵、みんな素敵でした。 フラガールのみなさんの踊りも素晴... [続きを読む]

受信: 2006年10月31日 (火) 22時26分

« 東京ディズニーリゾート | トップページ | 九州料理「たもいやんせ」 »