« おじいちゃん、ありがとう! | トップページ | マドンナ「コンフェッションズ・ツアー」 »

2006年9月17日 (日)

「マッチポイント」

Match_1ウディ・アレンが生まれ育ったNYを離れ
(アメリカに愛想を尽かしたらしい?)
ロンドンで撮影した新作
マッチポイント」。

面白かったです!
運命に翻弄される主人公(男)は
人間の持つ欲や弱い部分丸出しで、
情けないけどなんとなく好感が持てる。
最後は本当に意外な結末…

「運」かぁー。
人の人生は本当に運だけに左右されるものなのか。
私は「運だけ」ではないと思うし、
運の良し悪しもある程度は自分で作り上げてる環境だと思うけど、
人を見て「あの人は運がいいな」と妬ましく思ったり、
何か良くないことが起きれば「私って本当に運が悪い」って
運のせいにして落ち込むし、
やっぱり「運」ってものに振り回されてる部分はあるんだと思う。

私は金持ちでもないし美人でもないし何の才能もないし、
「運が悪い」って思うことも時々あるけど
トータルするとそこそこ運が良いと自分で思いますよ。はい。
こんな私が自分でそう思えてる段階で、相当めでたい。運が良い。

|

« おじいちゃん、ありがとう! | トップページ | マドンナ「コンフェッションズ・ツアー」 »

コメント

>なおみさん
なんかイマドキの子じゃなくて、
古臭ーい感じがしたよね。
そんなことない?

>かのんさん
なるほどー!!
ちょっと前まで物音にビビッてたのに
亡霊そのものと冷静にしゃべる主人公に
「え~っ?」って感じで
そればかり気になってました…

>ユリシスさん
「警察が普通に仕事をするようになり」って
すごいですね。
今まで何してたんでしょう?
何はともあれ、良かった良かった。

投稿: ロコ | 2006年9月22日 (金) 23時15分

あたしも見たよん。
ノラのあのやらしさには、オトコだったら
絶対勝てんだろう!
そりゃTシャツも破きます。

投稿: なおみ | 2006年9月19日 (火) 14時54分

TBありがとうございました。
この結末にはビックリでしたよね。観た直後はあまりに不条理に思えてしまったのですが、主人公が夢?の中で亡霊と会話するシーンで無関係の人が死ぬのも仕方ないというセリフは、監督が伝えたかったアメリカ批判のメッセージだったのかなと思うようになりました。

投稿: かのん | 2006年9月18日 (月) 18時23分

ロコさん。こんにちは。
おじいさん。残念でした。でもそんな素敵な
おじいさんは幸せでしたね。いい、子供や孫がいて・・・
スペインに行ってきました。ロコさんにもご相談しましたが、スペインの治安はMADRID列車爆発テロ以来、警察が普通に仕事をするようになり良くなったそうです。私も心配して行きましたが、他の都市と変らなかった感じです。もちろん用心してはいましたが・・・スペインはめちゃめちゃ良かったです。スタバが沢山あったのですが、マグを見による暇もないほど、遊びました。
行ってみたいところに行ける私も相当「運」がいいと思います(笑)
ありがとうございました。

投稿: ユリシス | 2006年9月18日 (月) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/11935550

この記事へのトラックバック一覧です: 「マッチポイント」:

» 『マッチポイント』 [**Sweet Days** ]
監督:ウッディ・アレン CAST:ジョナサン・リース・マイヤーズ、スカーレット・ヨハンソン 他 ロンドン。テニスのコーチをするアイルランド人のクリス(ジョナサン・リース・マイヤーズ)は、何か大きな成功を得たいと願う野心家。彼はある日、彼がテニスのレッスンをしたトムに家族を紹介される。トムの父親は名の知れた大企業の社長。そしてトムの妹クロエに見初められたクリスは、彼女と付き合うことに。そんな時、クリスはトムの婚約者ノラ(スカーレット・ヨハンソン)に出会う・・・・ 窮地に追い込まれた時人の... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 18時37分

» マッチポイント [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
プロのテニス・プレヤーだったクリスは、資産家の息子、トムと親しくなり、その妹のクロエと交際するようになり、トムとクロエの両親にも気に入られます。クロエの父の会社で働くようになり、その中で社会的地位を築き、クロエと結婚したクリスですが、トムの婚約者であったアメリ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 20時27分

» 【劇場映画】 マッチポイント [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ アイルランド人のクリスは、英国の上流階級に憧れる野心家。高級テニス・クラブのコーチになり、金持ちの息子・トムと親しくなる。ある日トムに誘われてオペラに行くと、トムの妹・クロエに気に入られる。やがて交際が始まり、クリスはクロエの父親の会社の社員になり二人は結婚、クリスの人生は前途洋々に見えた。しかしクリスはトムの恋人・ノラとも浮気を続けていた。ノラを愛しているが、クロエが与えてくれるリッチな生活も手放せない。自分の人生を完璧にするため、クリスは殺人を思いつく…。(goo映画より) ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 21時07分

» 「マッチポイント」 [てんびんthe LIFE]
「マッチポイント」映画美学校試写室で鑑賞 ウディ・アレンが初めて作ったサスペンス映画。そして全編ロンドンロケ。いつものNYの町並みとは違った作風です。とはいっても前半は全くいつものウデイ・アレンの作品で助走が長い感じがします。主演に抜擢されたのはMI3出演していたジョナサン・リース・メイヤーズ。MI3ではイケメンお兄ちゃんでしたが、この顔、アップでずっと見ていると辛いです。お腹いっぱいになったみたい。作品よりも顔に飽きました。そして相手役はセックスシンボルのようなスカーレット・ヨハンソン。演技... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 21時58分

» マッチポイント [八ちゃんの日常空間]
本年度映画鑑賞160本目(内、劇場観賞82本目)。逆玉ったって、自分には無縁だけど、あれじゃ完璧マスオさんになっちゃうよね。家も仕事も、金もみんな嫁の父親が面倒見てくれてたら、絶対気を使っちゃうだろうし、自分の思い描いた人生を送ることなんて出来やしない。 不自...... [続きを読む]

受信: 2006年9月19日 (火) 20時27分

» マッチポイント [まぁず、なにやってんだか]
シネスイッチ銀座でマッチポイントを観てきました。シネスイッチ銀座はいつもレベルの高い作品を上映しているので、何の疑いもなく観に行ったのですが・・・いやぁ、久しぶりにつまらない映画を自腹で観てしまいました(泣)。 ネタバレしている(かもしれない)部分もあるので、「これから観ようと思っている」方は、以下すっとばして下さい。 なぜクロエ(エミリー・モーティマー)は夫クリス(ジョナサン・リス・マイヤーズ)の不貞に気づかない? 結婚する前、4人でダブルデートの食事中、自分の彼が別の女性に目がくぎ付け... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 23時09分

» マッチポイント [パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ]
W・アレンが描くロンドンと上流社会のセレブ・ライフ。ウディ・アレンが愛するニューヨークを離れ、初のロンドンロケを敢行。衝動、情熱、裏切り…“あと1点でゲームの勝敗が決まる最後の得点=マッチポイント”をめぐる男と女、“運”に導かれる、スリリングで魅惑的な....... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 11時10分

» マッチポイント/MATCH POINT [我想一個人映画美的女人blog]
今度のウディ・アレンはちょっと違う{/star/} 1.自分は出てない。 2.ベタなコメディじゃない。 3.NYじゃなくって舞台はイギリス 4.全編にかかるのは、ジャズじゃなくってスタンダードなオペラ これまでずっとこだわってたNYを離れイギリスを拠点に活動開始したウディアレン。           この作品、海外ではゴールデングローブ賞を4部門でノミネートされたり、 アカデミー賞脚本賞ノ�... [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 23時07分

» マッチポイント  [シュフのきまぐれシネマ]
マッチポイント @チネチッタ川崎 9月2日 監督:ウッディ・アレン 出演:ブライアン・コックス、マシュー・グード、スカーレット・ヨハンソン他 公式サイトはコチラ 愛に負けるか。欲に勝つか。それでも人生は、運が決める・・・ 愛と運に翻弄される男と... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 00時02分

» 映画「マッチポイント」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Match Point 人生がすべて、テニスのネットの上のボールのように偶然で成り立っているなんて、偶然に支配されているなんて・・確かに運は大事、こうして悪が蔓延る? クリス・ウィルトン(ジョナサン・リース・メイヤーズ)は元プロテニスプレーヤーでコーチになると、上... [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 14時33分

» マッチ・ポイント−(映画:2006年126本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督・脚本:ウディ・アレン 出演:ジョナサン・リース・マイヤーズ スカーレット・ヨハンソン マシュー・グード エミリー・モーティマー 評価:86点 公式サイト (ネタバレあります) 脚本書いて監督もしているウッディアレンは70歳。頑張り....... [続きを読む]

受信: 2006年10月14日 (土) 18時19分

» [ マッチポイント ]これはラッキーなのか、アンラッキーだったのか [アロハ坊主の日がな一日]
[ マッチポイント ]@恵比寿で鑑賞 70歳のおじいちゃんのどこに、これほどの創作力がみな ぎっているのだろうか。舞台をニューヨークからロンド ンに移し、ウディ・アレンはお得意のコメディではなく、 サスペンス映画を披露する。これがかなり消化不良なのだ。 ウディ・アレンは、今回人生における“運”にこだわった。 危機また危機が待つ先の読めない人生を運で乗り切る青年 の姿を通じ、人生のマッチポイントとは何かを叩き出す。 ... [続きを読む]

受信: 2006年10月30日 (月) 23時18分

« おじいちゃん、ありがとう! | トップページ | マドンナ「コンフェッションズ・ツアー」 »