« すき家 | トップページ | ガチャピン・ムックカフェ→舌呑 »

2006年8月20日 (日)

「トランスアメリカ」

Transamerica深夜番組”虎ノ門”で井筒監督も
「面白かった」と言っていた映画
トランスアメリカ」。
伊勢佐木町で見て参りました。

「面白かった」の一言で済ませられない
気はするんだけど、どう表現して良いか
分からない。
「温かかった」がぴったりくるかなぁー。

性同一性障害の男性が主人公だけど
その男性を演じているのは女優さん。
この女優さん、すっごく演技がうまくて、本当に男か女かわかんないの。
そういう顔なのかもしれないけど(笑)
いろんな知識を持っていて、それを車の中で息子にぺらぺらとしゃべったり、
行儀の悪さをいちいち注意するところ、
頭でっかちな小うるさいオバさんみたいでうっとおしいんだけど
なんだかかわいかった。きゃんきゃん言うわけじゃなく
静かに言うからかな。服装もイマドキっぽくないところがかわいい。

特にオチらしいオチもなく淡々としているけれど、
「え?これで終わり?」みたいな納得のいかない話ではないです。
とにかく温かい映画でした。オススメです。

|

« すき家 | トップページ | ガチャピン・ムックカフェ→舌呑 »

コメント

>きょうこさん
これは久々にオススメです。
銀座でやってると思うんだけど
そろそろ終わりかな…

投稿: ロコ | 2006年8月26日 (土) 19時05分

こりゃ面白そうだわ
見たいです
昔見た「ボーイズドントクライ」は結構辛かったですが、これは良さそう

投稿: きょうこ | 2006年8月26日 (土) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/11534085

この記事へのトラックバック一覧です: 「トランスアメリカ」:

» トランスアメリカ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
男性であることに違和感を持っているブリーは、LAでウェイトレスをして慎ましく暮らしながら、肉体的にも完全に女性になるための手術を控えています。そこに、突然、父親を捜しているトビーという少年が現れます。トビーがブリーに伝えた父親の名は、かつてブリーが男性として生き... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 23時03分

» 「トランスアメリカ」 [映画好きブログ]
「トランスアメリカ」 (IMDb)  ■洋書 ストーリー:男性であることに違和感を持つブリー(フェリシティ・ハフマン)は、肉体的にも女性になるため最後の手術を控えていた。 そんな“彼女”の前に、突然トピー(ケ... [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 23時34分

» トランスアメリカ/TRANSAMERICA [我想一個人映画美的女人blog]
フェリシティ・ハフマンの圧倒的な演技力{/ee_1/} 今年のアカデミー賞主演女優賞にノミネートされて、リースウィザースプーンに持ってかれたけど、 ゴールデングローブ賞は受賞☆ 賞に値する素晴らしい名演 {/hakushu/} 海外ドラマ、「デスパレートな妻たち」は未見だけどフェリシティハフマンってスゴイ! そもそもこの役柄、性同一性障害という問題を心に抱えた "女性になるための手術を受けようとしている男性"{/atten/} {/... [続きを読む]

受信: 2006年8月24日 (木) 14時17分

» FUN … 『トランスアメリカ』 [FUN×5 ~五つの楽(fun)を探して~]
【enjoy weekend vol.2】 [続きを読む]

受信: 2006年8月25日 (金) 00時34分

» 『トランスアメリカ』 [京の昼寝〜♪]
スカートの中に何があるかより もっと大事なこと。 ■監督・脚本 ダンカン・タッカー■キャスト フェリシティ・ハフマン、ケヴィン・ゼガーズ、フィオヌラ・フラナガン、エリザベス・ペーニャ、キャリー・プレストン、グレアム・グリーン、バート・ヤング □オフィシャルサイト  『トランスアメリカ』 ごく普通の女性として、ロサンゼルスでつつましく生活をしているブリー(フェリシ... [続きを読む]

受信: 2006年9月 3日 (日) 08時37分

» トランスアメリカ [シネマ de ぽん!]
トランスアメリカ公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 全 [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 09時06分

» [ トランスアメリカ ]旅は終わり、関係は始まる [アロハ坊主の日がな一日]
[ トランスアメリカ ]@銀座で鑑賞 男性の肉体で生まれながら、本来の自分は女であると確信 し女に生まれ変わりたいと切に願うブリー(フェリシテイ・ ハフマン)。性転換手術を控える彼女の前に、ある日突然ト ビーという少年が現れる。トビー(ケヴィン・ゼガーズ)は、 ブリーがかつてつきあった女性が産んだ息子だったのだ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 21時00分

« すき家 | トップページ | ガチャピン・ムックカフェ→舌呑 »