« 恵比寿「TOOTH TOOTH」 | トップページ | ハイジクラブ »

2006年7月30日 (日)

「ハイジ」

Heidi大好きな「アルプスの少女ハイジ」の実写版、
映画「ハイジ」を観てきました。
大好きと言う割には、原作も読んだことなくて
あくまでもテレビアニメが私にとってのハイジ。
アニメはもしかすると、日本人向けに
原作とは少し違うアレンジがされているかも
しれない、でも今回の映画は原作に忠実、
とかだと、私のハイジ像とは大きくかけ離れ、
ショックを受けるかもしれないって
変な心配してたんですが、
映画を見てとても安心しました。
限られた時間なので、もちろんだいぶ
はしょられてはいますが、アニメと
ほぼ同じハイジでした。
アニメではハイジの家にいた、
セントバーナード犬のヨーゼフは、日本でアニメ化する時に
勝手に付け加えられたものらしくて、映画には出てこなかったけど。

クララのパパに「冷たい水が飲みたい」と言われ、外まで出て冷たい水を
探してくるシーンはアニメでは細かく描写されていて号泣だったけど、
映画ではサラッと終わってしまい残念。
パパが「冷たい水が飲みたい」と言った時に「あ!あのシーンだ!」と
姿勢まで正して見入ってたのにさー。
でもやっぱりハイジは映画でもかわいかった。最後泣きました。

|

« 恵比寿「TOOTH TOOTH」 | トップページ | ハイジクラブ »

コメント

>きょうこちゃん
この写真だと少し大人びてるけど
映画だと子供らしくてかわいかった。
おじいさんにすぐ抱きついたりしてね。

投稿: ロコ | 2006年8月 3日 (木) 21時12分

この子かわいいねー!!
萌えるねー!!
でもハイジってこんなにかわいかったっけ?
美少女系ではないよね
これはクララのほうが似合いそう

投稿: きょうこ | 2006年8月 3日 (木) 09時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/11159024

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハイジ」 :

» 映画「ハイジ」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Heidi 1880年にヨハンナ・スピリの小説で登場以来、世界中で親しまれ、日本でもアニメ化された作品が有名な永遠の少女ハイジ、雪をも溶かす優しさの感動作・・ 幼い頃に両親を亡くして不遇な孤児となったハイジ(エマ・ボルジャー)、育ててくれたデーテ叔母さん(... [続きを読む]

受信: 2008年4月20日 (日) 12時14分

« 恵比寿「TOOTH TOOTH」 | トップページ | ハイジクラブ »