« 朝まで… | トップページ | 母の日 »

2006年5月14日 (日)

「陰日向に咲く」

Hitoriやっと読みました。劇団ひとりの「陰日向に咲く」。
アマゾンとかのレビューでも高評価だし、
爆笑問題の太田が「あれが賞とらなかったら、
絶対におかしい!」とか言ってたり
品川庄司の品川も「オレが品木(シナキ)賞あげる」
(欲しいか?)とか言ってたりして
褒めてるのが芸人ばかりとは言え、
すごいんだろうなって思ってました。
やっぱり頭良いね、劇団ひとり。
船高出身なんだよね。
私が17歳まで住んでいた学区では
一番良い県立高校なんです。千葉県立船橋高校。
短編集で、別々の話がいくつか載っているんだけど、
でもちょっとずつ全部つながってて「あ、またつながってる!あ、まただ!」って
よくこんな上手く構成できるなぁーって感心しました。
話の内容そのものは男の人の方が好きそうな気がする。多分。
リリー・フランキーの「ボロボロになった人へ」を読んだ時の後味と
ちょっと似てた気がする。ほんとに気がしてるだけかも…

|

« 朝まで… | トップページ | 母の日 »

コメント

>ikuqさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
でも意外と世間って狭いですよね。
最近そう思うことがとっても多い。
悪い事はできないもんです(笑)

投稿: ロコ | 2006年5月27日 (土) 23時25分

コンバンハ。
横浜に住んでマス。
横浜ネタ?が多くてカワイクて、よくコチラを拝見してマス♪お気に入り登録させてもらいました☆
私もこの話、好き。特にオタクのとか・・・。
それぞれタイプの違う主人公なのに、文章も主人公から見た書き方でなりきってるし。
登場人物がどこかで繋がってることに、なぜかダンナは「そんなに世間が狭いワケがないよ」。そこがイイと思うんですケドネ?

投稿: ikuq12jul | 2006年5月27日 (土) 02時00分

うん、あたしもリリーさんのこれはあんまり、って感じだったよ。
でも読み終わった時になんとも言えない軽い衝撃みたいのがあって、
そこがちょっと「陰日向に咲く」と一致する気が…
でもリリーさんの本を読んだのが昔過ぎるから、気のせいかも。

投稿: ロコ | 2006年5月16日 (火) 22時47分

面白いよねーあれ
あたしリリーさんのはあんまりだったけど
死刑の話だけが面白かったという印象・・・

投稿: きょうこ | 2006年5月16日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/10060168

この記事へのトラックバック一覧です: 「陰日向に咲く」:

« 朝まで… | トップページ | 母の日 »