« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

ひと段落

4月は珍しく仕事が忙しくて、毎日残業だった…
って言っても19時~20時の間には会社出れたんだけど。
でも一日中社内でパソコンとか書類見てるから、疲れました。
先週の木曜日にその仕事も完了。
木、金は5時半ぴったりに帰らせて頂きました。
明るいうちに会社を出れるって幸せ~。

5月末~6月中旬がまたちょっと忙しくなりそう。
というわけで5月中のお誘い、大歓迎です~。
でもGWのおかげで出勤日が少いから給料も少ないし、
お金がないんだなー。
旅行の時のお金も取っておかなくちゃいけないし。
飲むならなるべく野毛だな…
何かお金をかけずに楽しめる方法をご存知の方、ぜひ教えてください!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

お初にお目にかかります

昨日、どういうわけだか隣の部のおじさんから
rurieちゃんがすごいものをせしめてきた。
それは元町梅林でコース料理を注文した
先着何名かに出されるという爆弾おにぎり
Bairin_3直径15cm、重さ1kgだって!とにかくでかくて重い。
サランラップにぐるぐる巻きにされていて
光っていたので、最初はでかい石かと思った。
で、中身もすごい。
真ん中に梅干が入ってるんですがその周りにも
高菜、たくあん、佃煮などがたっぷり入ってる。
ケーキみたい何等分かに切って、同じ部署の女の子達で食べました。

今日はランドマークプラザの1階に本日グランドオープンの
アメリカのアイスクリーム屋さん、「COLD STONE CREAMERY」へ。
Coldstone1号店が六本木ヒルズにできて、横浜は日本4号店らしい。
自分でベースとなるアイスクリームのフレーバを選び
そこに色々トッピングをするって感じなんですが、
最初からお店お勧めの組み合わせをオーダーする事もできます。
一人の客に一人の店員が付き、店員が入り口でまずベースのアイスを
スコップみたいなものですくいます。
で、「お客様、こちらへどうぞ」とカウンターの奥に通される。
そこには-9℃に冷やされた石製の台があって、その上に
アイスを置き、色んなもんをトッピングして石の上で混ぜ混ぜします。
それをカップに入れて出来上がり。
アイスの容器は、普通のカップとワッフルコーンと、
ワッフルボール(カップ状になったワッフル)から選べる。
で、アイスを混ぜ混ぜしてる店員さんたちが、急に歌とか歌いだすの。
スタッフ全員でね。
歌はディズニーの「ディッパディドゥーダーなんちゃら」。
スプラッシュマウンテンで流れてる歌です。
どのタイミングでどういう意味があって歌ってるかはナゾ。
アメリカから来ただけあってエンターテイメント性も高いってとこかしら…

というわけで、2日連続の初体験でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月23日 (日)

「パッション」

イエス・キリストの最後の12時間を描いた映画「パッション」。
欧米の映画を見ていると「キリスト教についての知識があれば、
もっと内容を理解できただろうな」って思うセリフとか場面がよくあって、
でも聖書を全部読むっていうのも難しそうだし、
奥が深すぎてどこからどうやって知識を得たらよいのかわかんない。
海外に行って宗教画とか教会を見たり、賛美歌とかゴスペルとか聴くと
圧倒されるし、まったく分からないなりにも感銘を受けたりするんだけど、
どういう背景からそういうものが生まれたかとか、意味とか、
ちゃんと知ってればなぁって思ったりする。
この映画を見れば少しはキリスト教のことが分かるかも、なんて
軽い気持ちで見てみることにしたけど、やっぱり内容は重々しくて怖かった…
長々と映し出される拷問シーンや、十字架にかけられ
手や足に釘を打たれるシーンには思わず目を背けました。
拷問をする側の男達がムチでイエスを殴りつけてて
嬉しそうに笑ってたりするの…。恐ろしかった…

で、多分すっごい初歩的なことなんだとは思うのですが、
また私の無知なところをさらけ出してもいいですか?
クリスチャンが「神」と呼ぶのはイエス・キリストの事?
カトリックだとマリア様なんだっけ?それも違う?
今回映画の中で、イエスも「神よ」とか「父よ」とか言っていて
「え?キリストにとっても神はいるの?本人が神なんじゃないの?」って
思ったんですけど…
ふー先生、ゆっちん先生、お願いします。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年4月22日 (土)

本日のお食事

ChinaランチはWing高輪・WEST地下の
「中国料理 高輪」の酸辣湯麺!
前々からrurieちゃんに勧められていたもの。
やっとありつけました!!!
でかくてうまい!!
量的にもrurieちゃんがお勧めしていた意味が
分かりました(笑)。

Yamachan夜はわざわざ田町に出て、
名古屋のチェーン居酒屋
「世界の山ちゃん」へ。
名古屋名物・幻の手羽先を賞味。

詳しくはこちら→
世界各国料理ツアー

| | コメント (5) | トラックバック (0)

「プロデューサーズ」

Producers品川プリンスシネマにて「プロデューサーズ」を鑑賞。
以前「シカゴ」とか「オペラ座の怪人」などの
ミュージカル映画を見て割と面白かったので、
今回も迷わず見に行くことにしました。
とーーってもおバカな映画で、
なーーんにも考えず、単純に笑える感じ。
上映時間は2時間強だけど、
もっと短く感じました。
私も含め、ミュージカル初心者向きの
映画ではないかと思います。
最後のエンディングロールの後にもちょっと映像がありますので、
観にいく方は慌てて劇場を出ないように!

ユマ・サーマンと言えば「キル・ビル」がすぐ出てくるけど
今回のスウェーデン訛りのおバカな女役は「キル・ビル」とは180度違う。
それはそれでバカっぷりがかわいかった!
しかし「キル・ビル」も面白くて好きなんだけど、ある意味バカバカしい映画だし、
今回のもほんとバカバカしい映画(良い意味でね)で、
他にこの人が出てる映画を見たことがないので
恋愛ものとかヒューマンドラマみたいなものに出てるところが想像つきません。
そういうのにも出てるのかな??出てるんだろうな…
そういえば「ギター弾きの恋」にちょっと出てた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月16日 (日)

「スーパーサイズ・ミー」

Supersize_meアメリカで10代の女の子二人が
「ハンバーガーのせいで肥満になった」と
マクドナルドを訴えたというニュースに
興味を持ったモーガン・スパーロックが、
事実を証明するために製作した
ドキュメンタリー映画。
1日3食、マックの商品しか食べない生活を
1ヶ月続けると、人間はどうなるのか?

こういうこと、ほんとにやっちゃうのがすごい。
当然体には異変が起こり、20日過ぎた頃には
ドクターストップがかかるのだけど、ちゃーんと丸1ヶ月マック生活を全うし、
最後はスタッフとか医者とか集めてマックでパーティーやっちゃってんの!
マックだけじゃなく、今の子供達の食生活、学校給食のことにも触れていて
確かにアメリカの食生活は相当ヤバいな、と実感。
特に成長期の子供にとってはかなりの問題です。
最近日本もヤバいと思うけど、そんなの比じゃないわ、アメリカ。
アメリカに住んでいるいとこのフーちゃんから聞いたんだと思うんだけど
学校にも普通にポテトチップやスナックの自動販売機があって、
「これは問題だ」ということでスナック類の販売は中止になり、
替わりにリンゴを販売機で売ってたんだって!!
リンゴゼリーとか缶詰とかじゃなくて、ナマのリンゴね。
ありえない。すぐ傷むでしょ?やることが極端…

しかし、マックとかウエンディーズとかバーガーキングとかピザハットとか
色々なファーストフードチェーン店が出てきたけど
これ、よく普通に公開されたなって思って…
やっぱり映画に名前や映像を出す場合は、アプルーバルとか必要でしょ?
でもちゃんと承諾を得たとは思えないし。
逆にマックに訴えられたり、公開の差し止めを求められそうなもんなのに…
こんなことじゃ売り上げは落ちないって自信があるのか、
ヘタに対抗したりすると面倒な事になるってことなのか。

この映画公開後、マックは「スーパーサイズ」っていうサイズをなくしたらしいです。

映画を見終わって、「食生活に気をつけよう」とかじゃなくて
「ああ、久々にマック行きたい」とか思っちゃったんですけど…
フィレオフィッシュが食べたい…

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

ハマスタで野球観戦

Giants私、全然プロ野球ファンじゃないんですが
お誘いがあったので、ハマスタで
ベイスターズvsジャイアンツ戦を観戦。
15年近くも横浜市民なのに
ハマスタに行った事がなくて
今日行かないと一生行かないかもと思い
行く事にしました。
ほんとーーーに野球のことは
さっぱりわからない。
球場で野球見るなんて多分、子供の頃に
甲子園で高校野球を見て以来。
20年ぶりくらいだぞ…

始球式はM78星雲からわざわざ
やってきたウルトラマン御一行。
途中、観客席で観戦してたけど
ちゃんと3分で引き上げたのかな。
見てなかった…

今回は巨人ファン二人と一緒だったので
よくわかんない私はとりあえずジャビットのパペットを手にはめられ、
巨人を応援するように指示された。
で、試合のことはよく分からないけど
結果的には巨人が勝ち、巨人ファン二人は大満足。
私の事を「勝利の女神だ」と言っていた。そうかもしれない…

スポーツってルールとか本当に知らないんだけど
行けばそれなりに雰囲気でおもしろいもんですよね。
自主的にはあまり行きませんが、人に誘われればなんとなく行きます。
Jリーグも全日本バレーもボクシングもアイスホッケーも見に行ったことある。
あ、その時もれなくあたしが応援してたチームが勝ってるぞ!!
ほんとに勝利の女神なのかも、あたし!!
他人に幸運をばら撒いてる場合じゃないんだけどさ…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

頑張った

今日は起きたら午後1時だった。
昨日も別に夜更かししたわけじゃないのに…

今週は「日曜日は絶対コレをやる」と決めていたことがあり
3時ごろから実践。

①パンツの裾上げ 2本
 
  2本まとめてやるとさすがにめんどくさいし疲れるな…
 でもせっかくだからブラウスの裾も1枚直した。
 我が家、私が物心ついた時からあるミシンを使ってるので
 ロックミシンなんかもちろんないし、
 ブラウスも裾切りっぱなしのまま、ちょっと折り返して縫っただけ。
 見た目も超汚いけど、こんなとこ見てるやつおらんやろー(こだま・ひびき風)。
 2重に折って縫おうかと思ったけど、幅も小さいし
 こんなとこ2重に折るなんてすげーめんどくさいからやめました。
 どうせ安物だしね。

②アイロンがけ

 家でエマールで洗った冬のセーターとか
 布帛のブラウスとか、パンツとか、全部まとめて20枚くらい
 アイロンかけた。布帛のブラウスって好きなんだけど
 アイロンかけが本当にめんどくさい。
 綿はシワが取れにくい。でもポリエステル混は着てて暑いし、
 やっぱり綿が好きだわ。

多分全部で2時間くらいかかった。
色気のない日曜日でした…
ま、いつものことだけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

スパイダーきょん

Spider1もう2,3年前の写真なんですけどね、
こないだなおみちゃんと会った時に
話題に出たので載せてみます。

この服は香港の露店で
値切って買ったのですが
トナカイの角などの
その他変身セットと一緒に
全部母親に捨てられました。
「汚い」とか言われて…

今日の朝も
「今日はゴミの日だ。
きょんちゃんも捨てちゃおう」なんて
母親にいじめられてた
かわいそうなきょんちゃんです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

お花見@弘明寺公園

今日は関連会社のお花見に参加させてもらいました。
6時スタートだったんだけど、仕事で遅れ、着いたのが
8時近く。30分いたかいないかでお開きとなりました…
弘明寺公園ってすっごい広いのね。
駅の横の階段上ったところまでしか行った事なくて。

良い子の私は後片付けを手伝い、
結局上大岡の駅前の甘太郎で飲んで帰りました。
関連会社の皆さんとも2,3ヶ月ぶりにお会いしました。

すっごい寒かったけど、夜桜は素敵でした。
Gumyoji_1 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 2日 (日)

おっさんキライ

Kyo_12日ほど出張で家にいなかった
うちのおっさんが帰ってきて
「きょんちゃーーーーん」と
しつこく抱っこしたりするので
激しく抵抗したところ、
興奮しすぎちゃって
吐きそうになった。
オエッ、オエッてなって、
苦しかったの、きょんちゃん…
あのおっさん、やだ。
いじけてんだー、あたし。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

保土ヶ谷公園の桜

今日は雨の予報だったので「桜散っちゃうかもなー」って思ってたんですが
11時ごろ起きたらまだ雨降ってなかったので
うちの裏の神奈川県立保土ヶ谷公園にあわてて散歩に行ってきました。
明日、弘明寺公園で花見の予定なんだけど
今ちょっとだけ仕事忙しいので行けるかわからないし
今日の午後の雨と風で桜散っちゃうかもしれないので。

保土ヶ谷公園はスポーツ公園として有名で
すごい立派な野球場があり、甲子園の予選はここで行われてます。
その他軟式野球場、ラグビー場、サッカー場、テニスコート、プールなどが
あって、アートホールもあります。
国体もここで行われたので、その時は皇太子様と雅子様も来たのです。
うちの母親、競技じゃなくて皇太子&雅子様を見に行ってたもん。

それと、もちろん桜をはじめたくさんの木や花もある。
もうちょっと天気が良かったらもっとキレイなんだけど。

せっかくなので、公園の裏にある神社にもお参りしてきました。
神社の桜もキレイだった!!
Sakura_4   

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »