« 「エイプリルの七面鳥」 | トップページ | 「あの子を探して」 »

2006年1月 2日 (月)

「セレンディピティ」

今日は前にテレビでやっていて録画してあった「セレンディピティ」をやっと観た。
うーーーーーん、「あまーーーーい!」の一言。「ありえない」の連続です。
話があまりにうまくできすぎていて、途中から
ちょっとシラけ気味でしたが(もう年だな…)、
でもこの手の映画ってある一定の需要が絶対にあるんだろうな。
主演のケイト・ベッキンゼールは「パールハーバー」で
初めて見た時「なんてキレイな人なの!!」と
ビックリしましたが、今回ももちろんキレイ。品があります。

「セレンディピティ」っていうのは「幸運な発見」という意味だそうです。
なんだかかわいいワードじゃないですか?音が好き。
昔よく行っていた明治通りの古着屋さん(レディス専門)が「セレンディピティ」っていう
名前だったけど、確かに「あそこに行くといつも”幸運な発見”があったかも…」って
全然関係ないけど思い出したりしました。
コレド日本橋にあるソニープラザの新形態のお店も「セレンディピティ」って名前
でしたね。

|

« 「エイプリルの七面鳥」 | トップページ | 「あの子を探して」 »

コメント

ろーさもこれ見ました。
でもやっぱりうーんって感じだったよ。
ありえなすぎるのはやっぱりだめみたい。。。
たしかにセレンディピティーってすっごいいい音。
ずっとつぶやいてたよー

投稿: ろーさ | 2006年1月 3日 (火) 22時30分

 あけましておめでとうございます。
私はこういう王道をゆく映画が好きです(〃_ _)σ∥
 安心して見ていられるます。せめて映画の中くらいは夢を見させて・・。なんちって。

投稿: ちびぽん★ | 2006年1月 2日 (月) 18時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「エイプリルの七面鳥」 | トップページ | 「あの子を探して」 »