« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月29日 (日)

「クイズショウ」

quizshowもう10年以上前の映画になってしまったけど
公開当時から観たいと思いつつ観てなかった
「クイズショウ」を観た。
テレビ界のヤラセを題材にした映画で
かなり話題になってたと思います。
人間ってとっても誘惑に弱い。
頭ではダメだって思っていても、
ついつい誘惑に負けてしまうものです。
舞台がテレビ界だった為に、大きなスキャンダルに
なってしまったけど、うっかり誘惑に負けちゃった人達のある意味とても人間くさい話。
私もおせんべいの誘惑に負けて、ぼりぼり食べながらこの映画を観ていました…
話の内容はだいたい知ってはいたので、”へぇーー!!”とかいう大きな驚きは
特になかったけど、配役が素晴らしいと思った!
なんだか役柄と役者がすごくマッチしていて”いかにも!”っていう感じ。
テレビ番組のプロデューサーも、番組を降ろされちゃうパネラーも、
テレビ局の社長も、細かい配役までバッチリだと思います。
「あれ?今のイーサン・ホークじゃないの?」って思う人が出ていて、
後で調べたらやっぱりイーサン・ホークだった。すごいちょい役。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

担々うどん

tantan今日のお昼ごはんは、こんなジャンキーなもの
食べちゃいました。
明星の「担々うどん」。
寒い毎日なので「担々」とか「チゲ」とかいう言葉に弱く
つい買ってしまいました。
めっちゃうまい!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

「Timeless」セルジオ・メンデス

timeless発売を楽しみにしていたCDを昨日購入。
SERGIO MENDESの「Timeless」。
1月になった頃、FMで彼の名曲「マシュケナダ」を
誰かがサンプリングしたらしきものかかって
「あら、かっこいい」と思ったらBlack Eyes Peasの
Will I Amがリメイクしたものだった!
ネットで調べたら、トリビュートアルバムではなく
Will I AmがプロデュースするSERGIO MENDES
本人のアルバムとして発売されるとわかり、
発売を楽しみにしていました。
参加アーティストもすごく豪華で、Black Eyes Peasはもちろん、エリカ・バドゥや
スティービー・ワンダー、インディア・アリー、ジル・スコット、Q-TIPなど。
まだ1回しか聴いてないけど、ブラジリアンとHIP HOPが違和感なく溶け込んでます。
ブラジリアン・ミュージックってボサノバも含め、とっても好きだけど
奥が深すぎるし、CDもいっぱい出すぎててあまり手を出せずにいます。
純粋なブラジリアン・ミュージックではないのかもしれないけど
こういう気軽に買えるアルバムが出たのはうれしいです!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年1月24日 (火)

お守り

家に帰ったら神戸のおじいちゃんとおばあちゃんから
私宛てに荷物が届いていました。
omamori中には、私が大好きな播磨屋
おかきとおせんべい。
播磨屋の「はりま焼」は絶品!!!
それと、厄年の私のために
近所の神社で買ってくれた
厄除けのお守りが入ってました。
筆まめなおじいちゃんからはお手紙も。
「厄はあまり気にしすぎず、
おばあちゃんが買ってきたお守りを
身につけていて下さい」だって。涙…
おじいちゃんとおばあちゃんにとっては私が初孫。
まさかその孫が30過ぎまで独身でいるとは
思ってもみなかっただろうなぁ。
それを思うと、なんだか悪い事をしたような気持ちになります…
手紙の最後には「さっきコーヒー茶わんをひっくり返し、
そこら中がコーヒーだらけ。おばあちゃんに怒られました。
”これで厄落としができた”と大笑い」だって。かわいいなぁー。
うちのおじいちゃん、84歳だけど、コーヒー大好きなの。
ちょっとハイカラでしょ?最近ブルックスのコーヒーに凝ってます。
おじいちゃんとおばあちゃんは未だにケンカが絶えないけど
笑いも絶えない仲良し夫婦です。
おじいちゃんみたいないい人がいたら結婚したいと思います(多分いない)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

雪あそび

この子は家ネコで、普段から外に出ないのに
こんな日に外に出されて(首にひも付けて…)すげー怒ってた…
でも怒るところがまたかわいいのだ!PICT0691 PICT0693

pict0696

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「仮面ライダー響鬼」最終之巻

とうとう終わってしまいました、仮面ライダー響鬼
最終回だと「1時間スペシャル」とかになるんじゃないかって思ってたけど
フツーに30分。オロチとの戦いのシーンはなく、いきなり「一年後」から始まって
なんだか無理やり終わらせちゃった感あり。
でもまあしょうがないかなって感じですかね…

しかし、響鬼役の細川茂樹は毎回かっこよかったな。
私よりちょっと年上だけど、同世代。
私の周りにはあんなステキな同世代はいないぞ…
映画のDVDも出たので、観なくちゃ…

来週からは「仮面ライダーカブト」が始まります。
ムシキング人気もあって「カブト」らしい。
主人公はまた元に戻って21歳くらいの若い子だって。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

「マグノリアの花たち」

昨日は雪で1歩も外に出ず、家で「マグノリアの花たち」を観ました。
古い映画だけど、色んなところでレビューを見てると
「感動した」とか「良い映画だ」とかなりいい評価だったので
観てみたいと思っていました。
実際に観てみて、レビューに書いてあったほど泣いたり
感動したりってことは私にはなかったんだけど、
自分も20年後にあんな友達とか仲間がいたらいいなって思いました。

美容院を経営する女性の役で出ていたドリー・パートンって人。
見た目もすごくチャーミングで、声がとってもかわいい。
歌を歌わせたらもっとかわいいだろうなって思ったら、
この人歌手なんだって。カントリーシンガーらしい。
言われてみたら、カントリー歌手っぽい!
カントリー界では有名な人なのかも?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

ムーミンベーカリー&カフェ

後楽園のラクーア内にある、「ムーミンベーカリー&カフェ」にランチに行きました。
moomin-1店内の1テーブルにムーミンファミリーも!!

ムーミンはフィンランドの童話なので
このお店ではフィンランドのパンや
家庭料理が食べられます。
ランチタイムはアラカルトメニューはなくて
ランチセットのみ。

私はスープのセット、友達がキッシュのセットをオーダーしました。
パンは食べ放題。
moomin-2

香辛料の入った「プッラ」というパンや、
もちもちした「ベルナリンプ」(”じゃがいもパン”という意味)など、
素朴な味のフィンランドのパンが食べられます。

moomin-3ベーカリーにはとってもおいしそうなパンが…
お惣菜パンは色合いもとてもきれいなものが
多かった!ベーカリーで買ったパンも
カフェの中で食べる事ができます。
トングがムーミンに出てくるキャラクター
「ニョロニョロ」なの!!
日曜日にはニョロニョロの形のパンもあるそう。
このベーカリー、もっと色んなところにできないかな…
ほんとにおいしそうなんだもん~。
東京ドームシティにしかないのが残念…

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年1月13日 (金)

スヌーピーライフデザイン展

snoopyスヌーピー生誕55周年を記念したイベント
スヌーピーライフデザイン展」に
行ってきました。

ライフデザインというだけあって、
衣食住をテーマとした作品がいっぱい。

スヌーピーをモチーフにした衣料品や装飾品、食品、
食器、インテリア、
その他雑貨などはもちろん、
スヌーピーの立体像をデコレーションしたもの、

スヌーピーの犬小屋をモチーフにした作品、
フィルム作品など、
各アーティストが思い思いの表現方法、
手法で作った作品が展示されていました。

アートとかデザインとかそういうものには疎くて、普段はなかなかこういった

展示会などに行かないけれど、行くとすごく刺激的。

世の中にはいろんな発想をする人がいて、
たとえ同じ事を思っていても
表現方法は様々。
「なんでこんな事思いついたんだろう?」って不思議でしょうがない…。

自分の発想や考えや訴えをそれぞれの形で表現できるっていう
アーティストさんたちが本当にうらやましい。
表現するには技術も必要だし、あんな手の込んだものを作るんだから
根気もすごく必要だと思うし。
まあ私には誰かに訴えたいような立派な考えも別にないんで、
表現する事もないんですけどね…

出品されていた作品が、一部ココに載っています。→
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/geinou/graph/20051118_2/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

「ディナーラッシュ」

今日のDVD鑑賞は映画「ディナーラッシュ」。
この映画のことは全然知らなかったけど、公開時
ミニシアター系でのランキングは上位だったみたい。
監督がミュージックビデオの製作をしていた人と聞いて納得。
ほとんどがレストランの中でのシーンだけど
個性的な登場人物とそれぞれのエピソードが
テンポ良く描かれています。
ジャンルで言うと「サスペンス」に入ってるようなのですが
そういう要素も多少あるけど、「人間ドラマ」だと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

谷根千散策

今日は谷根千散策。谷根千とは谷中・根津・千駄木のこと。

千代田線の根津駅で下車、近くの「茶房はん亭」でランチを頂きました。
hantei甘味処とか喫茶のジャンルに入るお店のようですが、
ランチはご覧の通りのボリューム。ヘルシーでとってもおいしい!
豚肉+岩海苔という意外な組み合わせにはびっくり…。
これがすごくおいしいの!
今回オーダーしたもの以外も是非食べてみたくなりました…
nezu-jinjaそして根津神社へお参りに…
入り口の鳥居も門も本殿もとっても立派ですが
なんといっても乙女稲荷のずらーっと並んだ
朱色の鳥居が素晴らしい!!
先日見た映画「SAYURI」のワンシーンを
思い出しました。


その後、猫雑貨のお店「ねんねこ家」へ行ってみたら、なんとお休み!
ついてない…。なぜか1月いっぱいお休みなんだって。
ここで猫グッズをついつい買っちゃう予定だったのになぁ~

気を取り直して、団子坂上のパン屋さん「パリットフワット」へ。
これまたヘルシーで見た目もかわいいパンたちが所狭しと並んでいます。
かぼちゃパンを買いました。明日食べてみます♪

nekomachiそして「ギャラリー猫町」へ。
猫グッズの展示、販売をしています。
今日は新春らしいめでたいグッズが盛りだくさんでした。
猫みくじとか福引とかありました。
チャレンジしなかったけど…

体も冷えてきたのであったまりに「乱歩゜」へ。
ranpo
オーナーが江戸川乱歩のファンなんだけど、
乱歩様の名前をそのまま頂くのはもったいないとのことで
「゜」をつけ「乱歩゜」なんですって…
お店の中はなんだかとっても怪しい雰囲気。
置いてある雑貨などにも統一感があるようなないような…
でも不思議と落ち着く空間です。ココアであったまりました…
お店には看板猫の良介君がいます。猫だからもちろん気まぐれ、
いつもお客さんの目につくところにいるわけじゃないんでしょうが
今日はたまたま出てきてくれました!かわいかった~。震えます…

その後は谷中銀座へ。
yanaka-ginza途中のお肉屋さんでメンチコロッケ買って食べながら歩きました。
たまねぎいっぱいで激うま!!
ちょうど夕やけ時、「夕やけだんだん」という階段を上ると猫ちゃんがいっぱい。
ごはんもらってました。
谷中は猫の町としても有名だって結構最近になって知りました…。
猫好きのクセにね…。
そう言われてみたら、確かに前にたまたまここに来た時も猫がいっぱいいたわ…

darjirin最後は日暮里駅近くの、
インド料理「ダージリン」でチャイを飲みました。
ここもお店の雰囲気が独特!
今度は是非お料理を食べてみたいな。

この地区には小さなカフェとか食べ物やさんが
とっても多くて、気になるお店多数。
ちょっと家から遠いので、
ちょくちょくは行けないけど
また是非行ってみたいところです。
ねんねこ家も行きたいし…

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年1月 7日 (土)

厄除け

jinja今日は地元の神社で厄除けの祈祷を
してもらってきました。
今年は私、大厄です…
この神社がうちの氏神様になるのですが、
だからかどうか、
来るとホッとする好きな場所です。
時々ふらっと散歩に行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

「NOEL」

noelクリスマスも終わり元旦も過ぎたのに「NOEL」…
横浜では今週金曜日で上映が終わりということなので
なんとか昨日見に行きました。

ラブアクチュアリー」と何かと比較されたり
「似ている」と
言われているようですが、
私は「ラブアクチュアリー」の方が
断然好きだな
「ラブアクチュアリー」は見終わったときに

幸せな気持ちになれたけど、
NOEL」はそうでもなかった…

NOEL」の方がひねり過ぎと言うか、
ちょっと難しいし暗い気がした

色で言うと「ラブアクチュアリー」がライトトーンなら
「NOEL」はダークトーンって感じかなぁー。

ペネロペ・クルスってどっかで整形とかしたのかなぁー?

オールアバウトマイマザー」の時、「なんてかわいいの!」って

思ったけど、今ってあの時と全然顔が違いますよねー。
あれは役柄的にも可愛く見えただけなのかな。
もちろん今も美人であることには変わりないけどキツい顔つき。

年とって貫禄がでてきたせいか、化粧が厚くなってきたせいか…

paulしかしポール・ウォーカーは
かっこ良すぎるんじゃないでしょうか。

私と同い年らしい。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006年1月 2日 (月)

「あの子を探して」

anokowo-sagashiteチャン・イーモウ監督の「あの子を探して」。
中国の田舎の小学校を舞台にした話。
1ヶ月間お休みを取らなくちゃいけなくなった
先生の代わりにきた代用教師(女の子)が
なんと13歳。こんなこと、本当にあるの?
でも、あるんでしょうね。

最初はこの代用教師のふてぶてしい態度に
ムッとしました。すぐ逆ギレするし。
でも13歳じゃまだ子供だからコレが普通か…
すねてる理由も分からなくないし…

この代用教師が街に出稼ぎに出て行った生徒を探しに行くのですが
最初は10元が欲しいから行ったのか、本当に生徒が心配で
探しに行ったのかちょっと分からなかった…
でも街で3日間必死に探し続ける姿、テレビカメラの前で
胸を詰まらせ泣く姿には感動。テレビを観て泣く生徒の姿にも感動。

お金がなくて学校の備品も満足には買えない状況下、
チョークが小さくなるまで使っていた先生の姿を間近で見てきた
学級委員の生徒が、クラスメイトにチョークを割られて
涙する姿には思わずもらい泣き。
物は大事にしなくちゃ…

| | コメント (2) | トラックバック (1)

「セレンディピティ」

今日は前にテレビでやっていて録画してあった「セレンディピティ」をやっと観た。
うーーーーーん、「あまーーーーい!」の一言。「ありえない」の連続です。
話があまりにうまくできすぎていて、途中から
ちょっとシラけ気味でしたが(もう年だな…)、
でもこの手の映画ってある一定の需要が絶対にあるんだろうな。
主演のケイト・ベッキンゼールは「パールハーバー」で
初めて見た時「なんてキレイな人なの!!」と
ビックリしましたが、今回ももちろんキレイ。品があります。

「セレンディピティ」っていうのは「幸運な発見」という意味だそうです。
なんだかかわいいワードじゃないですか?音が好き。
昔よく行っていた明治通りの古着屋さん(レディス専門)が「セレンディピティ」っていう
名前だったけど、確かに「あそこに行くといつも”幸運な発見”があったかも…」って
全然関係ないけど思い出したりしました。
コレド日本橋にあるソニープラザの新形態のお店も「セレンディピティ」って名前
でしたね。

| | コメント (2)

2006年1月 1日 (日)

「エイプリルの七面鳥」

新しい年が始まりました。
ブログに遊びに来てくれる皆さん、本年もどうぞ宜しくお願いします!!

april-1今年最初の映画鑑賞はケイティ・ホームズ主演の
エイプリルの七面鳥」。
日付変わってすぐに見ました。

いやーーー、良い映画でした。
派手な演出は一切なくて、要するに「エイプリルのある1日」を
映画にしただけっていう感じなんだけど
最後は「はぁ~良かった~」ってホッとして
とても温かい気持ちになりました。

april-2病気のせいで精神も病みつつあるお母さん、
それをなだめるお父さん、
お姉ちゃんを嫌っている妹などの
ちょっと変わった家族たち。
個性的なアパートの住民たち、
エイプリルのボーイフレンド・ボビー、
ボビーに古着のスーツを勧めるボビーの友人、
女の腐ったヤツみたいな
うじうじしたエイプリルの元ボーイフレンド。
全ての人が物語のスパイスになっていて、話そのものは淡々と進んでいるのに
決して飽きることがない。

お母さん役の女優がYOUにそっくりなの。それがすごい気になりました…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »