« 豪勢な一日 | トップページ | クリスマスイブ »

2005年12月23日 (金)

「SAYURI」

SAYURI映画「SAYURI」を見てきました。
最近、チャン・ツィイーの「初恋のきた道」や
コン・リーの「きれいなおかあさん」「活きる」の
DVDを見て、なんとなく中国映画づいていたので
もちろん「SAYURI」も気になってたんです。

桃井かおりはやっぱりかっこよかった。
チャン・ツィイーもやっぱりかわいいし
ミシェル・ヨーもキレイだし、
さゆりの子供時代を演じた子役ちゃんも
とーーってもかわいかったけど、
sayuri-2今回一番ビックリしたのがコン・リー。
中国では大女優だそうだけど、
私の中ではイマイチパッとしなくて
お姫様の役を演じてても
あまり「キレイだな」とか思わなかったし、
しかも最近見た「きれいなおかあさん」や「活きる」では
お母さんの役で、「なんだか年とっちゃったなぁー」
っていう印象だった。
でも今回演じた初桃はコワいけど、本当にキレイだった!
お母さん役から芸者(しかもいじめ役)まで
幅広く演じきるなんて、本当に大女優なんだ!って思った。

最後はなんだかひねりがなくてつまらない終わり方だったけど、
日本人なのに全く知らなかった芸者の世界っていうのを
少し知れて、勉強になりました。

|

« 豪勢な一日 | トップページ | クリスマスイブ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/7797824

この記事へのトラックバック一覧です: 「SAYURI」:

» SAYURI [toe@cinematiclife]
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・・。 <STORY> 第二次大戦直前の日本。 千代と佐津の姉妹は、家が貧しいために花町の置屋へ奉公に出される。 置屋を取り仕切るおかあさん(桃井... [続きを読む]

受信: 2005年12月24日 (土) 00時13分

» [ SAYURI ]大後寿々花から目が離せない [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ SAYURI ]@渋谷で鑑賞。 まさに[ SAYURI ]はアメリカから描いた日本“GEISHA” 像なのだろう。原作「Memories of a Geisha」には忠実 だろうが、歴史には忠実ではない。もともと映画なんて作 り物だから、面白ければいいんじゃないかと思う。監督は [ シカゴ ]のロブ・マーシャル。製作はスティーブン・ スピルバーグと鉄壁の布陣である。 《芸は売っても、身は売るな》 この映画はそれをよく体現している。 芸者を芸のプロとして描いてる。 ... [続きを読む]

受信: 2005年12月27日 (火) 17時40分

» SAYURI(3回目の鑑賞) [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
序盤から繰り広げられる人間関係のドラマには一瞬にして目を奪われます。この映画を観ている時は別世界に引き込まれているよう。 [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 15時00分

« 豪勢な一日 | トップページ | クリスマスイブ »