« オヤジな1日 | トップページ | 来年の手帳 »

2005年12月 1日 (木)

「イン・ハー・シューズ」

in_her_shoes今日は映画の日。
ってことで、マユ姉さんと一緒に本牧まで
「イン・ハー・シューズ」を見に行きました。
姉妹のお話なんですが、
主人公の年齢設定も私達くらいだったし、
私にも妹がいるので
いろんなところが自分や妹と重なったりして
結構集中して見ちゃいましたねー。
大きな波もなく淡々と話は進んでいくんだけど
いやぁーー、泣きましたよ!

キャメロン・ディアスも年取ったなぁーって思ったけど、やっぱりキレイですねー。
あのスタイルの良さは素晴らしいわ…
すごい長いマフラー巻いてるのに、マフラーが長く見えないの。
ありゃー若い男もついてくるわなー。
シャーリー・マクレーンがまたいい味出していて、
アメリカに住んでる母の親友(日本人だけど)になんだか似ていました。

|

« オヤジな1日 | トップページ | 来年の手帳 »

コメント

こんにちは。

コメントありがとうございました。

良い映画でしたよね。
私も泣きました。
しかし、キャメロン・ディアスの足ってすごいですよね。
あり得ないです。

投稿: toe | 2005年12月23日 (金) 00時52分

こんにちは~。
私も映画「イン・ハー・シューズ」見てきました♪
思っていたよりすごくいいお話でした。
自分は4姉妹なので、余計にひきこまれたのかもしれません。
マギーとローズ。
それぞれの自分の生き方を模索していましたね。
そんな様子に心動かされました。
最後にマギーが詩を読むシーンが1番好きです☆
TBさせてくださいね。

投稿: あかね | 2005年12月 2日 (金) 15時03分

あたしも見たいのだーこれ。
良さそうだね。
キャメロンかわいいし。

投稿: なおみ | 2005年12月 2日 (金) 09時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/7419552

この記事へのトラックバック一覧です: 「イン・ハー・シューズ」:

» [ イン・ハー・シューズ IN HER SHOES ][ ドミノ ]に似ているなあ [アロハ坊主の日がな一日]
[ インハーシューズ IN HER SHOES ]@銀座で鑑賞。 打ち合わせまで時間があったので、思い切って観ることに。 監督はカーティス・ハンソン。聞いたことがある名前だと 思っていたら、ああ[ L.A.コンフィデンシャル ]の監督か。 ちょっと期待できそうだ。製作はリドリー・スコット。 彼は弟が監督した[ ドミノ ]でも製作を手がけて最近は裏 方さんに徹しているようだ。 [ インハーシューズ ]は、ストーリーこそ全然違えども 作り方というか題名の意味づけが[ ドミノ ]と... [続きを読む]

受信: 2005年12月 2日 (金) 01時34分

» 「イン・ハー・シューズ」(+0*TOTAL-0.5) [*天使の部屋*Blog]
映画「イン・ハー・シューズ」見ました〜。 監督:カーティス・ハンソン 原作:ジェニファー・ウェイナー 出演:キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン 他 私のネタばれあり感想→... [続きを読む]

受信: 2005年12月 2日 (金) 15時07分

» イン・ハー・シューズ [In my opinion・・・]
ここのところ劇場とDVD鑑賞作品を交互にアップしているので今回もその例?にならって「イン・ハー・シューズ」です。 容姿には自信がないけれど、弁護士をやっている靴集めが趣味?な姉と容姿には自信があって、人のお金やモノを盗んでしまう悪い癖があって、読書障害の....... [続きを読む]

受信: 2005年12月 2日 (金) 23時20分

» イン・ハー・シューズ [toe@cinematiclife]
これ好きだわ~。 この姉妹って私と同世代。 痛いな~と思いつつ、そんな都合良い話無いでしょ~と突っ込みを入れつつ、やっぱり泣いちゃった。 <STORY> フィラデルフィアの大手法律事務所で働く弁護士・ローズ(トニ・コレット)は、憧れの同僚・ジムと良い関係になりつつあり、上機嫌。 が、幸せもつかの間、妹のマギー(キャメロン・ディアス)が彼女の家に転がり込んでくることに。 マギーは、堅物な姉と違い自由... [続きを読む]

受信: 2005年12月19日 (月) 00時31分

» イン・ハー・シューズ [★☆★ Cinema Diary ★☆★]
心に響くシーン、笑える楽しいシーンはたくさんありますが、期待には応えてくれなかったです。132分という上映時間は良いけど、時間の配分がマイナスでした。中盤以降にもっと時間を割いてほしかったです。... [続きを読む]

受信: 2006年1月 2日 (月) 16時18分

« オヤジな1日 | トップページ | 来年の手帳 »