« 糖朝&チュニジアン・フィエスタ | トップページ | 「活きる」 »

2005年12月17日 (土)

熊川哲也の「くるみ割り人形」

kurumiwari-1 昨日はあの熊川哲也の「くるみ割り人形」を見に
上野の東京文化会館へ行ってきました。
取れたチケットはなんと最上階の5階席…
人気の公演なのでしょうがない。
「くるみ割り人形」は、クリスマスのお話なので
セットも衣装も音楽もとても華やかでかわいくて、
大好きなバレエの演目の一つです。

今回の公演は従来のくるみ割り人形ではなく
熊川哲也が彼の新しい捕らえ方で再構成、振付けをしたもの。
そのために、音楽も少しいじってあったし、曲目の順番が
違っていたりしました。隣の席に座っていた観客は「音楽もちょっと変えてて
なんかイヤだったよね」って言っていたけど、私はそんなに違和感も感じませんでした。

kurumiwari-2第2幕”お菓子の国”の「中国の踊り」と
「ロシアの踊り」は今まで見たどれよりも
「中国らしい」「ロシアらしい」と感じました。
中国の踊りは衣装も振付けもとってもかわいく
明るくて、キッチュな感じ。
ロシアの踊りはすごくアクロバティックで迫力満点。
”お菓子の国”は通常はセットも
甘いファンシーな感じがお決まりなんだけど
今回はずいぶんシックなセットでした。
でもダンサー達の衣装が色とりどりでとっても華やかだったので、
それを引き立てるためのセットということなのかも。
お菓子の精たちが出てきてからは全くセットの地味さは感じなかったし。

balletどうしても主役や準主役級の
ダンサーに目が行きがちだけど
”雪の国”の雪の精の
コール・ド・バレエ(群舞)は
素晴らしかった!
多分20人くらいで踊っていたけど、
全然乱れない!
足を上げる高さも回るスピードも
全く同じにしなくちゃいけないから
コール・ドって大変だよなぁーって
本当に思います。
一斉にジャンプして着地する時や、走ったりする時に、
トウシューズがリノリウム(床)に当たって出る
”コツコツコツコツ”っていう音が大好き!
自分が子供の頃、バレエの発表会で
リノリウムをひいた床の上で練習したり踊った事を思い出します。

最後のカーテンコールは何回も繰り返され
「もういいよ」ってくらいに何度も熊川哲也が出てきたけど
1階席はスタンディングオベーション!!
1階席のチケットが取れるくらいなので、相当強烈なファンか
ファンクラブの会員なんでしょうねー。
これだけ人を惹きつけるんだからやっぱり熊川哲也はすごい!
彼の踊りはもちろんすごい(って言っても私は技術的なことは
よくわかんないんですけどね…)んだけど、
セットや衣装、振付けなどのプロデューサーとしても素晴らしい!
最近は古典バレエを新しい解釈で再構成した公演がとても多いけど
今回のくるみ割り人形は、古典バレエのファンにも
抵抗なく受け入れられるものだったと思います。
また、彼は日本のバレエ界の改革にも努めていると、
先日テレビ番組でやっていました。
彼の影響でバレエを習う少年も増えたとのこと。

生でバレエを見ることの良さは、オーケストラの生演奏にもあります。
生とCDじゃやっぱり全然違う!
好きな音楽の演奏が始まると鳥肌が立ったりします。
くるみ割り人形は音楽も大好き!チャイコフスキーの作曲で
テレビやCMでも本当によく使われています。
バレエを見た事がなくても音楽は知ってるって人も多いかも。
私は何枚かレコードとCDを持っています。
nut_cd-1これは小学校1年か2年の時に
買ったレコード。
1年生の時に、バレエの発表会で
くるみ割り人形をやったので
それで欲しくなって、お年玉かなんかで
買ったんだと思う…
このジャケットの赤いトウシューズに
すごく憧れました。

nut_cd-3これは去年かおととしに、
海外のスターバックスで買ったCD。
ジャケットもかわいいでしょ?
昨日はコレを聞きながら
寝ました。


今年は草刈民代も熊川哲也も見ることができました。
また機会を見つけて見に行きたいな…

|

« 糖朝&チュニジアン・フィエスタ | トップページ | 「活きる」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140459/7661206

この記事へのトラックバック一覧です: 熊川哲也の「くるみ割り人形」:

« 糖朝&チュニジアン・フィエスタ | トップページ | 「活きる」 »